• TOP
  • 芸能
  • 『豚バラ賛歌』で注目、BTSも憧れる「ペク・ジョンウォン先生」とは

芸能

2021.02.16 16:00  NEWSポストセブン

『豚バラ賛歌』で注目、BTSも憧れる「ペク・ジョンウォン先生」とは

韓国で絶大な人気を誇る料理研究家、ペク・ジョンウォン氏(Top Photo/時事通信フォト)

韓国で絶大な人気を誇る料理研究家、ペク・ジョンウォン氏(Top Photo/時事通信フォト)

 Netflixオリジナル作品として公開され、話題となっている韓国の料理番組が『豚バラ賛歌~韓国のおいしいを探訪~(英タイトル:Korean Pork Belly Rhapsody)』だ。韓国で愛されてきた豚バラ肉にフォーカスし、その歴史やあらゆる調理方法を紹介するという内容。ちなみに日本でもよく知られる韓国料理「サムギョプサル」は、韓国語で「豚バラ」という意味だ。

 他の肉と比べて安価に手に入ることから、韓国で広く普及した豚肉が、どのような調理器具や方法で食されてきたのか? また豚バラ以外の希少な部位が、いかに調理され飲食店で流通しているのかなど、食文化の歴史を知るうえでも興味深い番組となっている。

 そんな同番組の出演者として注目を集めているのが、韓国では有名な実業家、料理研究家、タレントのペク・ジョンウォン氏(54)である。サムギョプサル専門店や大手外食企業「THE BORN」の代表を務めるペク氏は、料理に関する豊富な知識と、親しみやすい人柄で、韓国のグルメ番組には欠かせないタレントでもあり『ペク・ジョンウォンの路地裏食堂』などの冠番組を持っている。

 日本でも、そんなペク氏にハマる女性が増えているという。都内の会社員・Aさん(20代)は、その経緯についてこう語った。

「もともと、K-POPや韓国料理が大好きで、よく新大久保に韓国料理を食べにいくほどハマっていました。たまたまNetflixで料理番組を検索していたら、この『豚バラ賛歌』に出会い、同じく韓流好きの母親と一緒に見て、ペク先生のファンになりました。

 ペク先生は豚バラの部位ばかりが韓国で好んで消費される現状に警鐘を鳴らしており、他の部位がいかに美味しく食べられるのか、啓蒙活動もされているんです。食品の廃棄問題は先進国の大きな問題ですが、韓国での豚肉の人気と、それが抱える負の側面をともに世界に発信してくれている姿勢が素晴らしいと思いました」(Aさん)

 また、韓国の人気グループ「BTS(防弾少年団)」の番組がきっかけでペク氏にハマったという女性もいる。会社員のBさん(30代)はこう語る。

関連記事

トピックス