国内

美女になれるAIフィルターアプリで沼にハマる人、騙される人

AIフィルターのおかげで冴えない中年男性も不自然さがない美女になれる(イメージ)

AIフィルターのおかげで冴えない中年男性も不自然さがない美女になれる(イメージ)

 パソコン通信の時代から、ネット上だけで異性のふりをする、なかでも、女性のふりをする男性はいた。そこに、近年、進歩が目覚ましいAIや画像加工技術が加わったことで、変身願望が叶うとしたら、人は何をするか。ライターの森鷹久氏が、自然な女性化・男性化が手軽にできるアプリの沼にハマった人たちについてレポートする。

 * * *
「完全に女性だと思ってましたよ、私も何度か応援メッセを書き込んだんですが、それが中年男性だったとしたら……自分の軽率さを恨みます」

 バイクが趣味という都内の大学院生・吉田コウキさん(仮名・25才)が落ち込んだ様子でこう話す。SNS上で数千のフォロワーを持つ美人女性ライダーの正体が、実は「中年男性」であったのではないか、そんな疑惑が持ち上がったからである。その人気アカウントを、吉田さんもフォローしていた。

「男性が女性顔に、女性なら男性顔に自分の顔を変えることができるアプリを使い、男性が女性のフリをして投稿していたのではないかと言われています。すごい美人で、でも乗っているバイクはすごく渋くて、そのギャップがたまりませんでした。こんなすてきな女性がいるんだと思ったんですがね、幻だったとは」(吉田さん)

 わからない人には、何を言っているのか意味が不明だと思われるので、先に事情を説明しておこう。

 スマホで撮影した顔を、男性化または女性化の加工ができるアプリが一昨年、SNSを中心に大流行したことを覚えているだろうか? AIフィルター技術を使ったこのアプリを使うと、顔写真にヒゲをはやしたり、髪型を変えたり、すっぴんにメイクをさせたり、老け顔、若返りなどの加工をすることができる。このアプリでできることは多岐に渡るが、なんといっても一番話題を呼んだのが、どんなオッサンでも美人風やかわいい風の女性へ(その逆も可能)変身できてしまうという、ユニークな機能。こうした機能は、昔の不気味なモンタージュ写真の如く、変身できたとしても不気味な様相のモノが出来上がるだけ、というのが相場だったが、ブームになったそれは、ほとんど違和感のない仕上がりになるのが特徴だった。つまり、加工された架空の人物写真なのに「本当に存在していそうな」人の写真を作ることができるのである。

 先の美人女性ライダーが実在していたのか、本当は加工アプリによって生まれた元は男性だったのかは神のみぞ知る、ということで言及はしないが、ネット上で異性になりすまし、他者の反応を楽しむ行為というのはインターネットが一般的に普及する前から存在していたし、最近では「中の人」がおじさんであることを承知で架空の女性キャラクターを楽しむ人たちすらいる。ただ、近年の技術革新に乗っかり、単なる「遊び」が行き過ぎてしまい、暴走する人、犯罪に使おうという人々が出始めている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト