芸能

globeは何が凄かったのか 小室哲哉が見出したKEIKOの歌声

いま聴いても魅了される曲ばかり(globeのHPより)

いま聴いても魅了される曲ばかり(globeのHPより)

 小室哲哉(62才)とglobeのKEIKO(48才)の離婚が成立したことが、事務所から発表された。KEIKOは直筆でファンへのメッセージをこう寄せた。

「2011年、くも膜下出血を発症して以来、多くの方々から沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました。おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております。今後も、健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう精一杯努力して参ります。」

 2人は2002年に結婚。KEIKOは2011年にくも膜下出血で倒れ、活動休止を余儀なくされていた。2018年に小室の不倫疑惑が報じられた後、離婚調停に入ったことが伝えられていた。

 18年以上にわたる結婚生活にピリオド──その報に接し、2人がかつて紡ぎ出した音楽に改めて想いを馳せる人は多い。

「今から20年以上前、JR SKI SKIのキャンペーンCMソングとしてDEPARTURESを初めて聴いた時は衝撃でした。カップル役の竹野内豊と江角マキコが東京から新幹線に乗ってスキー場に行く……日常から非日常に向かう感じをglobeの曲がかき立てる感じがして、興奮したのを覚えています」(40代男性)

「学生だった1990年代後半頃はバイト終わりにカラオケに行きまくっていました。TRF、安室奈美恵、華原朋美、globeなどのTKサウンドが全盛期で、行けば必ず歌っていた。globe を聴くと、その頃あったいろんなことが思い出されて懐かしい」(40代女性)

 1990年代日本の音楽シーンを席巻した、小室哲哉が生み出した楽曲の数々。チャート上位を独占し、街中で耳にしない日はないほどだった。なかでも小室本人がメンバーに加わり、後に妻となるKEIKOをボーカルに迎えたglobeの人気は絶大だった。

 小室、KEIKO、そしてラップ担当のマーク・パンサーからなるglobeがデビューしたのは、1995年8月のこと。ドラマ主題歌に採用されたデビューシングル「Feel Like dance」はオリコン最高3位、ミリオン目前の90万枚以上を売り上げた。翌月にはセカンドシングル「Joy to the love (globe)」がトヨタ自動車のCMに採用されヒット。初のオリコン1位も獲得した。

 前述の「DEPARTURES」は1996年1月発売の4枚目シングルにあたり、売上230万枚超でglobe最大のヒットソングとなった。その後発売されたファーストアルバム『globe』は売上400万枚超でその年の日本レコード大賞アルバム大賞を受賞。オリコン歴代アルバムランキング第7位という輝かしい記録を残した。

 その後も快進撃は続き、1998年9月発売の13枚目シングル「wanna Be A Dreammaker」では日本レコード大賞・大賞を受賞。NHK紅白歌合戦にも3回出場し、その人気は不動のものとなった。

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン