芸能

『花束みたいな恋をした』が“リアル”で“刺さる”深い理由

興行収入は20億円突破間近(公式ホームページより)

興行収入は20億円突破間近(公式ホームページより)

 映画『花束みたいな恋をした』(1月29日公開)のヒットが続いている。「傑作」との呼び声も高い同作の魅力について、映像作品に造詣が深い小説家・榎本憲男氏が考察する(*本記事は作品のネタバレを含みます。記事の後半で映画の内容に触れていますのでご注意ください)。

 * * *
 菅田将暉と有村架純が出演する『花束みたいな恋をした』(脚本:坂元裕二 監督:土井裕泰)が爆発的なヒットを記録し、なおも快進撃を続けている。業界が驚いているのは、この大ヒットが、インディペンデントの制作会社が企画し、大手ではない配給会社によって達成されたという点だ。さらに、すでに成功した漫画や小説の原作によるものではなく、オリジナル脚本による恋愛映画であることも注目を集めている。

 同じ興行収入に到達したとしても、「順当にヒットするべくしてヒットした」や「ノーマークだったがヒットした」や「まさかここまでとは思いもよらなかった大ヒット」のようにさまざまである。『花束みたいな恋をした』は3番目の典型だろう。

「ノーマーク——」「まさかここまで——」のようなヒットが出ると、業界やマスコミは「なぜ」を分析し始める。ただ、オリジナル脚本による本作には、原作の人気という原動力は見いだせない。さらに有村架純と菅田将暉というキャスティングによる動員もここまでのヒットの説明にはならない。

 僕の周辺でこの映画を見た若者の感想は「リアル」で「刺さる」につきる。「刺さる」という言葉は、僕の若い友人がネットでつぶやいた言葉からいただいた。彼は本作を「ここ10年で見た映画のベストワン」と絶賛し「自分たちが生きてきた時代の空気感や匂いが初めて映画になった気がする」とまで言っている。

 ポップスのような同時代性がこの映画にはあるのだろう。映画の中で有村架純が歌ったきのこ帝国の「クロノスタシス」のYouTube上のPVのコメント欄は、映画に関連した投稿がずらりと並んでいる。さらにTwitter上で「カップルで見に行かないほうがいい」という評判が湧いたのも、「リアル」で「刺さる」からこそであろう。

『花束みたいな恋をした』は“時を超えてめぐりあう”などのファンタジーでなく、“また不治の病を患う”などの“飛び道具”を用いた悲恋でもない、本作では、都市に暮らす平凡な若者の、彼らの周辺にいくらでも見いだせるリアルな恋愛模様が展開される。僕はこの作品のヒットを「リアルさ」と刺さり具合の「深さ」に見る。リアルであるからこそ刺さる。リアルであるからこそ、その刺さり具合は深い。そして、このリアルさに日本社会の暗い影が色濃く射している気がするのである。

 

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン