美しい思い出を道連れにして……

『花束みたいな恋をした』も『追憶』も『ラ・ラ・ランド』も、出会い、人生のある時期をともに過ごして、別れる。しかし、その別れ方はかなりちがう。『追憶』も『ラ・ラ・ランド』もたがいがふさわしい場所に向かっていくための別れだと解釈することができる。

『ラ・ラ・ランド』では、女優としての起死回生の大チャンスを握ったミアが、この役をもらえたらパリに行かなければならないと告げる。セブは「もし君が受かったら、もう僕にできることはない」と言う。「そして自分はここに残ってやるべきことをやる」と。これは実質的には別れの挨拶だ。ミアは衝撃を受ける。しかし、ミアもセブも自分たちにはそれぞれふさわしい場所があることを知っている。それは『花束みたいな恋をした』の麦と絹のようには重なってはいない。だからミアとセブは別れる、別れなければならない。

 しかし、『花束みたいな恋をした』では、かつてはたがいに共有できた好きなものがもはや共有できなくなったという諦念が、ふたりに別れを誘発する。唖然とさせられるのは、好きなものが同じであることによって結びついた関係性の脆さである。

『追憶』『ラ・ラ・ランド』『花束みたいな恋をした』の3作品はともにラストシーンでつかの間の再会が描かれる。『追憶』と『ラ・ラ・ランド』の男女ふたりは似つかわしい場所にいる。『ラ・ラ・ランド』の終盤、女優として成功したミアはいまのパートナーとふらりと入ったジャズクラブで、セブを見つける。彼もまた自分の夢を叶え、このクラブのオーナーになっている、とミアは知る。別れ際にふたりは視線と淡い微笑みを交わす。ともに人生を歩むことはなかったけれども、それは「やったな」というエールの交換だ。

『花束みたいな恋をした』で、麦と絹がファミレスで偶然に再会した時、ふたりは新しい恋人をともに連れている。そしてやはりひそかにエールを送る。似ていると言えば似ている。しかし、ふたりのいまのポジションは明確には示されない。彼らは、前よりも幸せなのだろうか。ふさわしい場所にいるのだろうか。やはり、自分と好きなものが同じ異性とつき合っているのだろうか。ここはよくわからない。

 豊かな情緒性を伴う宙ぶらりんの状態で映画は終わる。ただ、彼らはそんなには変わっていないはずだ、と僕は思う。そして、社会もまた理不尽なまま、世界は不条理に満ちたままだ。そんな社会を、世界を、若者はこれからまだ先の長い人生を生きていかざるを得ない。

 

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン