国内

急増するフードデリバリーサービス せめて配達員の名前を表示させるべきではないか

フードデリバリーといえばサービス名の大きなロゴ入りバッグ(イメージ、AFP=時事)

フードデリバリーといえばサービス名の大きなロゴ入りバッグ(イメージ、AFP=時事)

 この1年ほどで、背中より大きな断熱デリバリーバッグを背負った配達員が街を縦横無尽に走り回る様子は日常の風景となった。バッグにはそれぞれのサービス会社のロゴがプリントされたものがあり、デリバリー会社がどこなのか一目で分かることは利用者の安心感を強める一方、会社名も配達員の名前もない場合もあり、それが時にトラブルの元になることもある。また、ロゴ入りバッグのために、言いがかりでしかない災難に見舞われることもある。俳人で著作家の日野百草氏が、ロゴがプリントされたデリバリーバッグをめぐる配達員たちの実態についてレポートする。

 * * *
「どこの配達員かなんてわかりませんから、泣き寝入りしかないです」

 新宿区の幹線道路、ドアミラーをボッキリ折られたという女性のメール。パーキングメーターに駐車して、戻ってくる間に折られたとのこと。彼女はその瞬間を目撃している。

「自転車の配達員でした。あの大きなバッグは間違いないと思います。でも一瞬の出来事で、それ以外はわかりません」

 メールの感じでは自転車に対して車が譲らず、当の自転車も意地を張ってすり抜けるはずがミラーに当った、というとこか。

「フードデリバリー(筆者注:あくまで彼女の憶測でしかないためフードデリバリーとした)のバッグも使わない悪質な配達員です」

 この認識には誤りがある。どのフードデリバリーも(一部例外は後述)、基本的にはその会社のバッグを推奨されてはいるが使わなくていいし、会社名の表示義務もない。雇用ではなく業務委託、どんなバッグを使っても明確な違反にはならない。メールの女性の指摘通り、「どこの配達員かなんてわからない」のだ。自転車にはナンバーもないから、姿かたち以外では何をされたってどこの配達員かなんて判断つかない。

「警察には届けたんですけど、進捗ないです」

 人身ならともかく、この程度の物損、当て逃げだと大抵の警察は頼りない。これはデリバリーに限った話ではないが、当て逃げ得の当てられ損だ。

ロゴなしバッグが配達員評価を左右する?

「勘違いする店とかありますよ、バッグ使ってないってね」

 デリバリーの指名待ちで店の近くに集まっている配達員たち、通称・お地蔵様たちに今回も話を聞いてみる。まずフードデリバリーアプリ最大手、ウ―バーイーツ(Uber Eats)の配達員(正式には配達パートナー)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン