国内

急増するフードデリバリーサービス せめて配達員の名前を表示させるべきではないか

料理宅配サイトを運営する「出前館」の配達拠点(時事通信フォト)

料理宅配サイトを運営する「出前館」の配達拠点(時事通信フォト)

 池袋の配達員はそう言っていたが、確かに街中では会社名を伏せたほうが、人によってはいろいろ都合がいいのだろう。自己防衛という気持ちもわかるが、それはいわゆる「白ナン営業」の温床にもなっている。「白ナン」とは自動車や125cc超のバイクで営業許可も取らずに商業輸送を請け負う行為を指す隠語だが、街中でそんな輩を見かけたとしても配達員かどうかはわからない。配達しているかもわからない。たとえウバッグを使っていたとしても、ウバッグ大好きな人かもしれないし、パンダやネコのマークがかわいいと私用で使っているのかもしれない。配達員が配達員をしていない時間かもしれない。各社通報窓口はあるが、機能していないと心ある配達員からの不満が聞かれるのはそんな不明瞭さにもある。

 あくまで配達員は「個人事業主」であり、フードデリバリーアプリ各社ともあくまで仲介役の「アプリ」である。ゆえに雇用関係はなく、強制はできない ―― このフードデリバリーにおける新たな産業形態はあっという間に広まった。その分ひずみも大きく、雇用の問題、道交法の問題が山積みだ。しかし、ローソンがすでに試験的ながら医薬品(風邪薬や胃腸薬など第2類・第3類の一部)の配達をウーバーイーツに委ねるなど、この流れは止まらない。むしろコロナ禍の長期化でさらに加速するだろう。共存していくしかない。

「安心して仕事したいだけですよ。食ってかなきゃいけませんから」

 子どもを抱えたお父さん配達員の話、彼の話によればちょっとした事故なら逃げる配達員もいるという。冒頭のドアミラーを破壊した配達員もそうなのだろう。痛かったろうに、配達中だから事故処理に時間を取られたくなかったのか、弁償したくなかったのか――(配達員の補償制度は各社異なるが、原則は個人事業主であり、自己責任である)。それでも犯罪であり迷惑行為。それは先の「煽られたり嫌な目に遭う」という報いにつながる。その報いに多くの配達員が巻き込まれる。

 あくまでアプリの提供者であり、個人事業主に対しての強制はできないという建前はわかるが、せめて各フードデリバリーはバッグや名札による配達員の名前表記だけでも規定してはどうか。掛け持ち云々という話で会社表記の厳密化が難しいなら、配達員の名前だったら問題ないはずだ。多くの旧来型の運送会社で働く配達員や車両はそうしている。日本社会に本当の意味で受け入れられることを望むなら、グローバリズムを盾にするのではなく、日本社会に合わせる柔軟性も必要ではないか。これまでも書いてきたが、ここは日本である。

 街中で、配達員がどこの誰だかわからない。これはとても恐ろしい話だと思うのだが。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)寄草。著書『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)など。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン