国内

急増するフードデリバリーサービス せめて配達員の名前を表示させるべきではないか

フィンランド発のデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」(イメージ、AFP=時事)

フィンランド発のデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」(イメージ、AFP=時事)

「ノーバッグバッドってやつなんですけど、店の評価だとバッグがないとか、ちゃんとしたバッグじゃないとかウーバーに判断されちゃうんですよ。でも店は知らないから、ウバッグじゃなかったってバッド評価つけるんです」

 ウーバーのバッグはあくまで「推奨」であって強制ではない。しかし店は知らずにウーバーのバッグじゃなかったとバッド評価をつけるのだという。そもそもウーバーのバッグ、俗称ウバッグには公式仕様でロゴのないものがある。通称「3代目」というやつで(現在は4代目)、まだコロナ前、ウーバージャパンがパートナーセンターでバッグを支給(正確にはデポジット)してくれた2019年代のモデルだ。もちろん現在もアマゾンで手に入るし、容量が大きく愛用者も多い。

「しゃくれ(「3代目」の別称らしい)でバッドつけられるとか勘弁してほしいです。バッグは何使ってもいいってちゃんと書いてくださいね」

 と、お地蔵様からお願いされたので書いたが、しゃくれでなくとも食料品を運ぶに適したバッグなら何でもいい。しかし一般の人からすれば、それではどこの配達員かはわからないのは事実だろう。かといって、ウバッグを持っているからといってウーバーの配達員かどうかもわからない。なぜならウーバージャパンそのものは、とくにそのバッグでなにをしようが関知しない。たとえ他社の仕事を請け負っていたとしても。

「私はウォルトとウーバーの掛け持ちですが、使ってますよ。禁止されてませんから」

 別の配達員。ガンガン稼ぐ系の人はこういった複数サービスの掛け持ちが多い。ウォルト(Wolt)はフィンランドのフードデリバリーアプリ、まだ馴染みがないが、水色のバッグを福岡や広島あたりだと見かけるかもしれない。もちろん東京にも進出していて、新宿区でも昨年末くらいに見かけるようになった。

「禁止されてませんからね、ウバッグでウォルトの配達はダメだけど、ウォルトのバッグでウ―バーの配達はOKなんです」

 なるほど、ウォルトはウォルトのバッグでなければダメだが、ウーバーイーツ側は問題ないので両方の仕事を請けられるということか。ますますどこの誰だかわからなくなる。しかし配達員の言葉だけで決めつけるわけにもいかない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン