国内

急増するフードデリバリーサービス せめて配達員の名前を表示させるべきではないか

鮮やかなピンク地にパンダのマークが描かれたフードパンダのバッグ(イメージ、AFP=時事)

鮮やかなピンク地にパンダのマークが描かれたフードパンダのバッグ(イメージ、AFP=時事)

 以上の回答から現状、その会社のバッグを使っているからその配達をしているか公道上ではわからない、ということになる。実際問題として掛け持ちも多いため、いちいち各社のバッグを持つわけにもいかないし、そもそも配達員は業務委託、仲介アプリでしかない各社とも指示を出すわけにもいかないという事情もある。せいぜい規約に書くのが精一杯だろう。それにしても国際色豊か、日本企業のメニュー以外、すべて外資系である。

ウバッグだと煽られたりするから名無し。自己防衛ですよ

「タダでもあのバッグは使わないなあ、名無しで十分だよ」

 別件の取材でさいたま市へ。寒空の中、自転車を押す年配男性に話を聞くと、フードパンダの配達員(正式には配達ライダー)を今年になって始めたという。フードパンダ(Foodpanda)はシンガポール発祥のドイツ系フードデリバリーアプリ。ピンクのバッグがとにかく目立つ。パンダのマークもかわいい。あとバッグがでかい。昨年、大宮で初めて見かけた時はそのインパクトに驚いた(現状、2021年2月の段階で東京には未進出)。

「ピンクにパンダ、おっさんには恥ずかしいよ。名無しで十分」

 名無しというのはロゴなしという意味だろう。フードパンダもまた、先の取材の通り、自社のバッグを推奨しているだけで強制はしていない。

「最初は時給くれるからここにしたんだ。ちょっとした研修も受けたよ」

 フードパンダは登録後に簡単な研修があり、時給補償もある(地域によってはすでに終了)。高齢者には入りやすいのかもしれない。しかしここでも、彼がフードパンダの配達員かどうか、見かけだけではわからないということになる。

 こうしたフリーダムな各国のフードデリバリーアプリに押されているのが旧来型の出前館だ。基本、直接雇用を守ってきたが、2020年8月期の連結決算で営業利益26億2300万円の赤字、9~11月期連結決算でも営業利益31億円の赤字、最終損益が35億円の赤字という結果となった。現在では他社同様、完全歩合制の業務委託として「出前館配達パートナー」を募集している。じつは出前館、昨年から韓国のネイバーとその子会社LINEの傘下になったので、それまでの直接雇用の経営方針から大きく転換を図っている。

 つまるところ、一般の人にはどこの配達員だかまったくわからない状態だ。ある時はウーバー、ある時はメニュー、またある時はパンダ、ネコ、しかしてその実態は ―― なんだかかっこいい感じもするが、これまでの郵便や宅急便の責任を明確にした車両の表示に慣れた日本人からすれば違和感を抱くのも無理はない。とくに自転車の配達員はバイクのようにナンバープレートもない。ロゴすらないバッグだと「ウバッグっぽいバッグを背負った配達員のような何か」状態である。冒頭の女性もそれでわからなかったのかもしれない。

「ウバッグだと煽られたり嫌な目に遭うかもしれないから、自己防衛ですよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン