芸能

新型コロナに翻弄された明治座公演は「東京最強漫才」で業界騒然

急遽、太田と高田の“爆笑大問題”が誕生

急遽、太田と高田の“爆笑大問題”が誕生

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、1月29日から2月14日までに開催された「よみがえる明治座東京喜劇」について綴る。

 * * *
 私の企画の浜町・明治座23公演が無事幕を閉じホッとする日々。思えば1年半前に明治座から“東京喜劇”の為何かやりませんかと打診され、「芝居」と「寄席」の二本立てを豪華に楽しくやろうと提案。“のり平喜劇”をベースに脚色・演出ができるのは──と考え、宅間孝行を指名。「こちとら大奥様だぜぃ!」の脚本が出来、キャスティング。舞台ではぶっちぎりのコメディエンヌ田中美佐子、そして前川清、原田龍二、東貴博、磯山さやか、松村邦洋ら。

 二部は昭和45年まですぐ近くにあった「人形町末廣」をセットで再現。アンツル先生こと安藤鶴夫のエッセイを短かく私が朗読する所へ、盆(まわり舞台)がまわって高座が出てくるというオツな寸法。駆けつけてくれた江戸っ子達が皆な喜んでくれた。

 私ならではのグゥの音も出ない顔付け(キャスティング)で連日、日替りの出演者。東京の“芸”をこよなく愛する人達にとっては夢のオールスターになったと自負。初日がナイツ、サンドウィッチマン。そして小遊三、昇太、市馬、たい平、一之輔、志の輔、志らく、神田伯山、玉川奈々福、さらに清水ミチコ。その他様々。出演者もスンナリ決まったところで1年前のあのコロナ騒動。果して2021年1月に幕は開けられるのか。ドギマギ。

「芸能芸術」は“不要不急だ”まで言われ、次々と芝居やコンサートが中止のニュース。

 いよいよ芝居の稽古に入るという昨年暮れ、出演者、スタッフ総勢100名がPCR検査も度々。全員陰性の報に私もホッ。安心して夜中ビールを呑んでいたら家の電話が鳴り「もしもし、あのォ、松村クンに出ました」ガ―ン。おいッここへ来ての中止なのか……天は我を見離したのかと、古い映画のコピーが浮かぶ。松村もコロナと闘い、無事稽古スタート。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン