国内

福岡5才児餓死で逮捕されたママ友 借金を繰り返し夜逃げの過去

元夫・Aさんとの結婚式は2001年に行われた

赤堀容疑者は2001年に式を挙げている

 福岡県で発生した5才男児の餓死事件は、背後で母親を“洗脳”していた知人女性の存在が大きな関心を集めている。母親の碇利恵容疑者(39才)と知人の赤堀恵美子容疑者(48才)が、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは3月2日のこと。近所の住民が「仲が良かった」と語る家族をメチャクチャにした赤堀容疑者とは、どんな人物なのか。

 赤堀容疑者が生まれた福岡県大川市は、その名の通り、九州最大の河川、筑後川の河口に位置している。上流付近が木材の一大産地にあたるため、古くから大川市は木材の集積地、さらには木工技術を生かした家具の生産地として知られてきた。赤堀容疑者の家も、両親ともに家具メーカーに長いあいだ勤めていたという。近隣住民が語る。

「あそこは熱心に宗教活動をしながら、いまは潰れちまった家具の会社で働いていたんだよ。親父さんの方は、その宗教の機関紙の配達員までボランティアでやっていたからよく覚えている」

 そんな両親の間に赤堀容疑者が生まれたのは、1973年のこと。兄と姉がいる3人きょうだいの末娘として生まれた。

「あの子はなぁ、口は悪いしよく肥えとる子やったけど、心根は優しい子なんよ」

 赤堀容疑者の実父が語る。

「恵美子はな、生まれてすぐ黄疸がひどくてね。産婦人科医もお手上げ。それで総合病院の院長に診てもらったら、『はやく名前をつけて呼んであげた方がいい』って。病気になったけん、『美しく、周りの人に恵まれますように』と、恵美子という名前をつけたと」

 地場産業に勤しみ、信仰心に厚く、娘思いの父親。田舎育ちの朴訥とした家族の風景のように思えるが、赤堀容疑者の実家と関係の深い女性が、一笑に付す。

「貧乏だったら、つましく生きるのが普通だけど、あの一家は人に寄生するのを得意としているところがあったわけよ。恵美子はさ、いわば“一家のサラブレッド”。血統書付きの詐欺師だよ」

 どういうことか。

「祖父母から、両親、そして恵美子ら3人きょうだい、みんな借金ばっかり作ってた。恵美子の母親なんて、“わしが信じてる宗教知っとるじゃろ。信者は嘘はつかんから貸してもらえんやろか”って。いつもそれで借りたまま。同じ宗教の信者に対しても20万円借りたまま返さないで裁判沙汰になったこともあったんだよ」

 この女性も両親の代から、赤堀容疑者の実家からの無心にあっていた。

「あそこの家は、わざわざ高齢の祖父母を連れてきて、その口から言わすことがあったんよ。そういうときは世代の近い私の父に向かって、“こまかときから知っとうやけん(小さい頃から知っている仲だから)”って何度も言ってくる。小さな町だし、情にほだされた父が、数万円を何度も貸してあげていました」

関連記事

トピックス

妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン