芸能

吉田拓郎 ラストアルバム協力者に指名したKinKi Kidsとの強い絆

早く見つけることが大切(時事通信フォト)

KinKi Kidsのふたりとは年齢を超えた強い絆が(時事通信フォト)

 年の差が30才以上ある親友を持つ人はどれだけいるだろうか。30才下の人を、心から尊敬し、それを態度に出せる中高年がどれだけいるだろうか。30才上の人に、失礼なく純真な心で肩を組むことができる若者がどれだけいるだろうか。この3人は、それができる、25年間ずっと。

「音楽人生すべてからのリタイアが決まる」

 吉田拓郎(74才)の歌手としての終活が、最終章に向かっている。

「昨年7月、今夏のツアーをもってライブ活動に終止符を打つことを発表しました。しかし、その3か月後に、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況を鑑みて、そのラストツアーを中止、さらにはファンクラブの閉会を発表、ファンに衝撃が走ったのです」(音楽関係者)

 延期ではなく中止であることからも吉田の終活への本気度がうかがえる。3月12日の自身のラジオ番組でも、「生まれたからには、消えていくという運命が待っているわけです」と死生観を語り、妻で女優の森下愛子(62才)への思いを続けて口にした。

「この頃はぼくも年齢のせいでしょうね。心から強く思うんですけども、いつか、一緒にね。パートナーと、彼女と一緒にこの世から消えていけるといいなと、なんとなく思うね。一緒に消えたい、というのがあるんだな」

 人生を閉じるときはパートナーと一緒がよい。そう考える吉田は同じ日、もう1つのパートナーである、自身の歌と一緒に旅立つことを想定した企画『吉田拓郎が天国の夢の島に持って行きたい7曲』を発表した。

「多くの作品を生み出してきた拓郎さんが、天国で聴きたい自分の曲ですから、どんな曲を選ぶのか、結果を待ちかねていました。ファンからは2万件を超える予想が寄せられて、うち約400件が的中したそうです」(吉田のファン)

 その7曲とは、(1)『吉田町の唄』(2)『流星』(3)『君のスピードで』(4)『慕情』(5)『やせっぽちのブルース』(6)『いくつになってもhappy birthday』(7)『ペニーレインでバーボン』だ(順位付けはなく、発表順)。『小説 吉田拓郎 いつも見ていた広島』(小学館)の著者で音楽評論家の田家秀樹さんが、解説する。

「7曲すべて、作詞・作曲が吉田拓郎本人です。最近は、1970年代の代表的な曲『旅の宿』も歌っていなかったように、曲も言葉もすべて自分でやろうとしています。音楽人生の最後をどう締めくくるか。音楽家吉田拓郎、人間吉田拓郎のこだわりや理想、愛情表現、これまでの人生に対して思うことすべてがここにあると思わせてくれる選曲になっています」

 吉田はこの7曲それぞれについて語った後、ある最後の夢を打ち明けた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

高橋ジョージ
《高橋ジョージが語るおひとりさま生活》「もうでっかい幸せは求めてない」離婚後に車4台処分してカーシェア生活の今
NEWSポストセブン
降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
伊藤英明の舞台観劇後、スタッフに深々と頭を下げた(2023年9月)
【独占】木村拓哉、後輩たちと交流重ねる「フランクに話せる場を」メッセージアプリでグループを作成
女性セブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
新朝ドラ『ブギウギ』ヒロインの趣里
新朝ドラ『ブギウギ』は「お茶の間に無理のないカラッとした明るさを」 6つのトリビア紹介
女性セブン
イベントに向け、さまざまな企画が進行中(写真は永野のインスタグラムより)
永野芽郁、異例の日本武道館単独公演『非公開』で何をやる? 大型二輪免許取得のために教習所通いか
女性セブン
『東北サファリ』の代表取締役社長・熊久保氏
《ライオンに襲われたか》東北サファリパークで従業員が死亡、同園グループでは同様の事故が合計5回目 代表取締役はレーシングドライバーの熊久保信重氏
NEWSポストセブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《不倫報道で実母が複雑胸中》MEGUMIとの別居に「Dragon Ash」降谷建志の母が語った「とにかく円満に」
NEWSポストセブン
邦画史上類をみないロングラン上映中の『ミッドナイトスワン』で、3年もたっての舞台挨拶に登壇した草なぎ剛。
草なぎ剛が小泉今日子に確かめたかった17年前のTシャツ
NEWSポストセブン