芸能

舞台ドタキャンの窪田正孝 水川あさみと結婚で「人が変わった」の声

朝ドラ『エール』は異例づくしの撮影

舞台出演を断ったという窪田(写真は昨年11月)

 夫が大役に抜擢されれば妻は大喜び、とは限らないようだ。3月17日、往年の人気映画『酔いどれ天使』の舞台化が発表された。演出は映画監督として知られる三池崇史(60才)、主演は桐谷健太(41才)で、高橋克典(56才)や佐々木希(33才)らが脇を固める。ただ、当初の予定では、主演は窪田正孝(32才)のはずだったという。

「情報解禁の2週間前になって窪田さん本人から降板の申し出があったんです。三池監督は、デビュー間もない窪田さんの才能をオーディションで見抜いてドラマに起用した、いわば恩人。三池監督に顔向けできないと関係者も大慌てでしたよ。今回の作品は、黒澤明監督と三船敏郎さんが初めてタッグを組んだ、日本映画史でも重要な映画の舞台化で、彼にとっても大事な作品になるはずでした」(舞台関係者)

 窪田を説得しようにも意志が固いため翻意せず、事務所スタッフは関係各所に頭を下げて回ったという。

「ドタキャンの理由は『コロナ感染リスクを避けるため』というのですが、現在、窪田さんは10月期のドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)の撮影に入っています。感染リスクはドラマの撮影現場でも同じはずなのに……」(前出・舞台関係者)

 関係者もいまいち納得できない様子なのである。この背景に、ある女性の存在があると芸能関係者は語る。

「妻の水川あさみさん(37才)の言いなりになっているのでは、ともっぱらの噂です」

 約2年の交際を経て2019年に結婚したふたりは、芸能界のおしどり夫婦として知られている。本誌も、ベージュ×黒のリンクコーデで都内を散歩している姿や、梅雨空の下をドライブしている姿など、たびたび仲睦まじいふたりを目撃している。

「窪田さんは、アイスを1日30本も食べるなど偏食で有名でしたが、水川さんと結婚したことでかなり食生活が改善したようです。プライベートの面では、結婚が吉と出ていますね」(別の芸能関係者)

 水川は、2016年に所属していた事務所から独立している。

「水川さんはいま、自分で仕事を選んでいます。仕事へのこだわりがかなり強いので、ギャラがよくても断ることもあるんだとか。納得した仕事だけを引き受けたいというスタンスは、おそらく、水川さんが尊敬する女優の影響でしょう」(前出・芸能関係者)

 その女優とは宮沢りえ(47才)だ。水川と宮沢は2011年のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で共演した。

「そこで意気投合した2人は“あさみ”“りえさん”と呼び合う仲になり、いまでもかなり親しいんです。個人事務所で活動するりえさんは、仕事を決めるのもスポンサーへの挨拶回りもすべて自分でやっていて、水川さんも影響を大いに受けている。最近でも、りえさんの存在を“圧倒的だと思う”と絶賛しています」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン