スポーツ

3か月我が子に会えぬ福原愛 それでも日本滞在を選ぶ強靭なメンタル

一緒に開けた扉の内側に立つ

日本帰国&デートの際には笑顔で車に(2月下旬)

 長女が幼稚園に入るタイミングだった今春を機に、福原愛(32才)は日本を拠点にして子供たちとともに新生活を始めようとしていたようだ。しかし歯車は狂ってしまった。日本に帰国してから3か月。台湾にいた実母と再会し、騒動は新局面を迎えた。

 3月初旬、福原が台湾に夫の江宏傑(32才)と2人の幼い子供、そして母親を残したまま、有名企業に勤める男性と横浜でドライブデートをし、ホテル・自宅での連泊を『女性セブン』(3月18日号)がスクープしたのはご存じの通り。さらに同日発売の『週刊文春』が、江のモラハラを明らかにし、今年1月から夫婦が離婚協議中であることを明らかにした。

 福原には3才の長女と1才の長男がいるが、2人は台湾に残り、江の実家で暮らしている。福原はもう3か月、我が子と会っていないのだ。

「福原さんが日本に戻ってきたのは1月1日、1月中旬に開幕の全日本卓球選手権での仕事のためでした。当初は3月上旬に帰国する予定でしたが、今回の“不倫騒動”で現地のパパラッチに追われることを想定して断念したとか。3才と1才のお子さんですから何を置いても帰国するだろうとみられていましたが、日本滞在を選ぶとは、よほど強靭メンタルだと思いましたね」(テレビ局関係者)

 福原は子供たちのことについて知人にこう語っていたという。

「もちろん会いたい気持ちはあると言っていて、4月上旬の長男の誕生日には戻りたいと言っていました。でも子供たちの今後のことになると、“いまはいっぱいいっぱいでそこまで考えられていない……”と。

 コロナのこともあるし、子供たちをいちばん健やかに育てられる場所を選んでいきたいという意思があるようです。もし、親権を争う事態になったとしても子供たちの意思を尊重したいとも。なかなか言えることではないですよね」(福原の知人)

 福原の報道に衝撃を受ける人も多いようだが、台湾在住のジャーナリストは、母親と子供が離ればなれになることに驚きはないという。

「台湾では、子育ては家庭全体の仕事という文化があります。加えて、台湾では女性も男性と同じように仕事をする人がほとんどですから、母親が出張などで長期不在でも、父親やその両親やきょうだいが子育てを担うのが当たり前なのです」

 日本と台湾で子育てについての価値観は違うが、夫婦間で求められる倫理観には違いはないはずだ。妻が夫や子供を残して里帰りした先で、夫の知らない男性と逢瀬を重ねていたという事実は消せない。

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン