ビジネス

コロナ禍で際立つレジャーホテル人気 仕事、ネカフェ、推し会、インドア花見まで

テレワーク向けプランを格安で打ち出すホテルが増えている

ビジネスホテルやシティホテルでも次々打ち出されるテレワークプラン

 テレワークの定着によって注目を集めたホテルの「デイユース」サービス。ビジネスホテルやシティホテルがこぞってプランを打ち出し、仕事やリモート会議等で利用した人も多いだろうが、そんな中、“密かな人気”となっていたのがレジャーホテルだ。一体なぜなのか。ホテル評論家の瀧澤信秋氏がレポートする。

 * * *
 コロナ禍はホテルサービスを大きく変容させた。宿泊需要の激減によるホテル利用促進のアイデアは、「サービスアパートメント」「フレックス」などこれまで考えられなかった多様な利用形態を生み出しており、宿泊そのものの概念すら崩壊させつつある。

 利用形態の変化といえば「デイユース」もそのひとつ。その名のとおり日中の客室利用、たとえば午前中にチェックインして夕方まで客室を利用するイメージだ。この形態でも「テレワーク」をはじめとして、これまでになかった様々なプランが多くのホテルから売り出されている。

一般ホテルのデイユース提供がタブーだったワケ

 そもそもデイユースといえば、伝統的にはレジャーホテル(ラブホテル)の十八番とされてきた。なぜなら、コロナ禍以前は一般ホテルがデイユースサービスの提供をすることは長らくタブーとされてきたからだ。

 近年、一部のビジネスホテルでデイユースプランを打ち出すところもあったが、仮に休憩利用などを大々的に謳えば、“ラブホテル化した”と業界関係者をはじめ一般の人々にも揶揄されたわけだ。

 ところが、いまや高級ホテルでもデイユースプランはなんら違和感なく巷間に受け入れられている。

 筆者はこれまで高級ホテルをはじめビジネスホテル、カプセルやレジャーホテルなど様々な業態を評論対象としてきた。様々なメディアや著書で“業態のボーダレス化”についても多くの提言や指摘をしてきたが、いまのコロナ禍でボーダレス化は一気に加速している印象がある。一般ホテルにおいて大きな変化がみられる一方で、レジャーホテルのサービスも年々進化を遂げてきたのである。

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン