芸能

辰巳琢郎の賞金1千万円を阻止、 「元祖クイズ王」が作った問題

辰巳琢郎氏

クイズ番組でブレークした辰巳琢郎

 ゴールデンタイムの定番といえばクイズ番組。そのスタイルは変遷しながらも、いつの時代も視聴者を楽しませ続けてきた。そして、クイズ番組でのその知識や頭の回転の速さを見せつけて、人気となるタレントも多いが、その元祖と言えるのが、辰巳琢郎(62才)だ。辰巳は、フジテレビ系『たけし・逸見の平成教育委員会』での高い正答率で、一気にブレーク。そんな辰巳に、クイズ番組の思い出を聞いた。

 * * *
 田宮二郎さん司会の『クイズタイムショック』(テレビ朝日系)や、『連想ゲーム』(NHK)が懐かしいですね。低予算で視聴率を取れるのがクイズ番組。不況のときは、クイズ番組が流行ると聞いています。たしか、『たけし・逸見の平成教育委員会』も、バブル崩壊の頃に始まって人気を博したと思います。

 個人的には、1988年から念願の『連想ゲーム』のレギュラーに抜擢され、その後『平成教育委員会』に出て注目されるようになり、仕事が増えました。偏差値俳優と呼ばれ、初めてCMに出演できたのもその頃。クイズ番組サマサマですね。

 その後、あらゆるクイズ番組からお呼びがかかりましたが、悔しかったのは『クイズ$ミリオネア』。750万円までいったんですよ! 最後の1000万円の問題まで。一般の解答者なら、わからなかったら降りるんでしょうが、降りられませんからね、われわれの場合は(笑い)。

 問題はいまでも覚えています。「歴代アメリカ大統領のファーストネームでいちばん多い名前は何?」「【1】ジョン、【2】ジョージ、 【3】ジェームズ、【4】リチャード」の4択で、「ジェームズ」が正解だったかな。いまも悔しいです。そこに、みのもんたさんの“みの溜め”があって。みのさんは、本当に楽しそうでした。司会者がいちばん楽しい番組だったんじゃないでしょうか。

 * * *

関連キーワード

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン