• TOP
  • スポーツ
  • 直前まで休憩、髪はボサボサ 世界選手権の羽生結弦に何があった?

スポーツ

2021.04.01 16:00  女性セブン

直前まで休憩、髪はボサボサ 世界選手権の羽生結弦に何があった?

羽生選手の珍しい不調

羽生選手の珍しい不調(RyuVoelkel/AFLO)

 14時46分──羽生結弦選手(26才)の世界選手権でのフリー演技(3月27日)が始まるとき、現地の時計は奇しくも「運命の時刻」を指していた。

 10年前、2011年3月11日のこのとき、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0、最大震度7の東日本大震災が発生し、高さ15mに達する巨大津波が沿岸地域を襲った。震災発生時、まだ16才だった羽生選手は、地元にあるスケート場・アイスリンク仙台で練習に励んでいる最中だった。

 家族とともに体育館での避難生活を余儀なくされ、生きるだけで精一杯の日々。リンクが被災して閉鎖したこともあり、スケートを辞めることも考えたという。だが、彼は拠点を移して滑り続け、リンクに立つことで復興支援に尽くした。数多くのチャリティーイベントやアイスショーに出演し、自身の書籍の印税などは、全額寄付。その額はトータルで1.9億円を超えている。

 五輪2連覇を達成したときも、羽生選手の胸には常に復興への祈りが刻まれていた。そして迎えた今回の世界選手権。羽生選手がスウェーデン・ストックホルムに出発する前日の3月20日夜には、宮城県沖を震源とする最大震度5強の地震が発生した。

 コロナの不安に加え、地元の地震被害に後ろ髪を引かれる思いでの現地入り。そしてショートプログラム(以下SP、3月25日)でトップに立った瞬間、彼のフリーの滑走時刻は14時46分に決まった。だが、演技が始まる直前、羽生選手は再び大きな試練を受けていた。

試合前、リンクに背を向けた

 フリーの彼の演技は、誰の目にも「らしくない」ものだった。ロックスターのようだったSPとは打って変わり、淡い水色を基調にした優雅な衣装に身を包んだ羽生選手が、戦国武将・上杉謙信を描いたNHK大河ドラマ『天と地と』のテーマ曲に乗って滑り始める。

 しかし、冒頭のスケーティングからいつものようなスピード感がない。最初の4回転ループで着氷が乱れ、手をついてしまう。続く4回転サルコウでも大きくバランスを崩す。そして得意のトリプルアクセルから連続ジャンプにつなげられない痛恨のミス。米国のネイサン・チェン選手(21才)だけでなく、日本の鍵山優真選手(17才)にも後れを取り、まさかの3位に甘んじた。

 フィギュアスケート解説者の佐野稔さんも、この結果に驚きを隠せない。

「SPの演技がよかっただけに期待されましたが、フリーではあまり体が動いていなかった。チェン選手が4回転ジャンプを5本入れ、あまりに完璧な演技をしてきたので、ひとつのミスも許されないというプレッシャーもあったのかもしれない」

関連記事

トピックス