• TOP
  • 芸能
  • 曲の「正解」を語らない中島みゆき 謎を読み解いていくことの魅力

芸能

2021.04.07 16:00  女性セブン

曲の「正解」を語らない中島みゆき 謎を読み解いていくことの魅力

名曲『ファイト』は肯定してくれる曲

名曲『ファイト』は肯定してくれる曲(昨年8月)

 中島の影響で芸名をひらがなの「みゆき」にしたというお笑いタレントの鳥居みゆき(40才)はこのように話す。

「ずっと『ファイト!』は応援歌だと思って聴いていて、確かにその通りなんですが、あるとき『がんばれ』とは言っていないなと気がつきました」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、生活様式の変化を余儀なくされ、心を病む人も少なくない。そうした人たちにとって、《がんばれ》という励ましは逆効果になることはよく知られている。

「昔はもっと熱血タイプの応援歌だと思っていたのですが、いま聴くと、『逃げてもいいんだよ』『弱い自分でもいいんだよ』と、肯定してくれる歌なんだと思えて、気が楽になりました」(鳥居)

 中島の曲の楽しみ方を、鳥居が最後に解説する。

「こちらのエネルギーが満タンになっているとき。もしくは負のエネルギーが満タンのときですね。どれかは絶対に、自分とぴったり合う曲があるはずだから、それに出会うまで聴いてほしいです。そして、他人の解釈に必要以上に耳を傾けることなく、自分が感じたままでいてほしい」

 誰かから提示される正解はいらない。思い思いの解釈を信じればいい──。

「中島みゆきを聴いて感情が動く」。その行為自体が、「大人の女の生き方」なのかもしれない。(敬称略)

※女性セブン2021年4月15日号

関連記事

トピックス