国内

コンビニコーヒー、小カップに大の分量を注ぐ客にオーナーは

コンビニエンスストアで売られるドリップコーヒー(イメージ、時事通信フォト)

コンビニエンスストアで売られるドリップコーヒー(イメージ、時事通信フォト)

 いまやコンビニの仕事は複雑多岐に渡る。昔のコンビニバイトとは随分と違う。20世紀の感覚のまま、上目線というのもあるのかもしれない。

「そうそれ、昔はのんびりしたもんだったからね。学生時代にやってましたって50歳過ぎの男がバイトをしたいと来たけれど、覚えることもやることも多すぎるって辞めちゃったよ。脱サラ自営で仕事がなくて生活の足しにって始めたクチさ。うちは外国の人ほとんどいないけど、あれなら若い外国人のほうが優秀かもね」

ごっそり持っていかれた、コンビニくじ万引き

 久保田さんのコンビニ経営歴は長い。これまで万引きなど珍しくもないだろうが、コロナ禍で変わったことはあったのか。

「とくにないね、万引きするヤツはコロナ関係なくやるよ。そうねえ、昔は漫画とか多かったけど店にあまり置かなくなったから減ったね。最近だと”くじ”かなあ。景品ごっそりもってかれたこともあるよ」

 いわゆる”コンビニくじ”というものか。期間限定で店内の商品が貰えるスピードくじの類いではなく、人気アニメやゲームのキャラクターグッズが当たるくじのほうだ。確かに店先に並ぶ景品は魅力的なグッズが多い。ちなみに、久保田さんによれば犯人は男女関係ないのではという。

「誰でも知ってる有名なのが人気だけど、俺もよく知らない女の子の絵とか、イケメンの絵とかのオタクっぽい景品のほうが熱心なマニアがいて、バンバンくじ引いてくれるから助かるよ。でも万引きもそっちが多い」

 誰でも知ってる有名なの、の固有名詞やくじの総称はコンビニチェーンが特定されるので端折らせてもらうが、久保田さんも60代なのでジャンプ作品くらいはわかる。しかしライトノベル原作やソーシャルゲーム原作の深夜アニメ、キャラクターとなるとちんぷんかんぷんだ。それでも熱心なマニアが引いてくれるため助かる反面、そういった作品は熱心さが高じてか転売で高値が期待できるからか万引きも多いという。

「出来心で一個二個じゃなく、ごっそり持ってく奴もいた。そんなに欲しいのかね、勘弁して欲しいよ」

 出来心でも犯罪だが、長くやってると万引きなんて店の日常過ぎて変な話だが慣れてしまうという。ただ年齢的に仕方のない話かもしれないが、オタクが犯人という先入観は尚早だろう。とくに興味もなく、ただフリマアプリで売る目的の一般人も多い。それでも久保田さんは現行犯か、よほどの被害でもなければ警察には通報しないという。

「警察の取り調べに時間とられたくないからね。年がら年じゅうごっそりもってかれるならともかく、知らないうちにちょこちょこ持ってかれるのがほとんどだからね。誤認でもあったら大変だし」

 常習はしっかりカメラで確認しているそうだが、だからといって入店拒否というわけにもいかない。高価で貴重な”くじ”でこれなのだから、コーヒーの小サイズに大の量をガブ入れなんていちいちかまってられないということか。

「店にもよるんだろうけどね、厳しいとこは警察に通報しまくってるんだろうけど、うちは繁華街の店(コンビニ)ほど被害はないしね。ほんとうんざりだけど」

関連記事

トピックス