• TOP
  • 国内
  • 新型コロナワクチン 英米より高い日本での副反応発生頻度

国内

2021.04.16 07:00  女性セブン

新型コロナワクチン 英米より高い日本での副反応発生頻度

副反応とみられる報告が相次いでいるアストラゼネカ製のワクチンも国内では5月に承認の見通し(写真/アフロ)

副反応とみられる報告が相次いでいるアストラゼネカ製のワクチンも国内では5月に承認の見通し(写真/アフロ)

 4月12日から一般向けのコロナワクチン接種がスタート。コロナ対策は新たなステージに進んだが、気になるのは副反応だ。厚労省が4月5日に発表した『新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』という報告書によると、医療従事者への接種が始まった2月17日から4月7日までの間で、接種後20日以内に6人が亡くなったという。ワクチン接種をするのは人種も性別も年齢も千差万別。果たしてリスクの違いはあるのだろうか。

 まず海外の事例と比較して指摘できるのは、日本における副反応の発生頻度の高さだ。前出の厚労省の資料によると、ワクチン接種100万回あたりのアナフィラキシー報告数は、アメリカ4.7件、イギリス17.7件だったのに対して、日本は72件だった。英米両国は日本よりコロナの感染者数がケタ違いに多いことで知られているが、副反応のリスクに限れば、約4~15倍も日本の方が高いことになる。

 次に性別。数値を見ると、男性よりも女性に副反応が出る可能性が高い。厚労省によれば、4月4日までにワクチンを接種した医療従事者のうち、アナフィラキシーが報告されたのは79件だったが、そのうち女性が71件で男性が8件だった。

 この傾向は海外でも変わらず、CDC(アメリカ疾病対策予防センター)の調査では、アナフィラキシーが報告された71例中68例が女性だった。またスイスでも、ワクチンの副反応が出た597例のうち68.7%が女性だったという。なぜ、副反応は女性に集中するのか。

「エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは免疫細胞の表面に結合し、その相互作用でより強い免疫反応を引き起こすことがあります。ワクチン接種で免疫機能が活性化したら、女性ホルモンの影響で“過剰な免疫反応”が発生し、自分の体を攻撃するリスクがあるのです」(国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授・一石英一郎氏)

 日本の死亡例6件のうち、女性が4件に上ることも気になるところだ。

 最後に年齢について。

「厚労省の研究班は、2回目の接種後に全体の38.1%が発熱するにもかかわらず、65才以上に限ると9%にとどまることを発表しています。このことから高齢者への副反応の可能性は低いといえるでしょう」(全国紙社会部記者)

 しかし、先行している海外の例を見ると状況は別だ。医療ジャーナリストの鳥集徹氏さんはいう。

「体力の衰えている高齢者は強い副反応が出た場合、それに耐えられるでしょうか。ノルウェーでは、接種した高齢者が6日以内に23人亡くなっています。ワクチンが原因かどうかわかりません。ただ、『高齢者は副反応が出にくい』と拡散しすぎるのもよくない。大事なのは打ちたくない人の意思も尊重し、その権利を守ることなのです」

 過信せず、正しく怖がり、個々人の環境に合わせて判断するのが大事なのだろう。

※女性セブン2021年4月29日号

報告された死亡例

報告された死亡例

関連記事

トピックス