ライフ

記者から転身、外科医、5回目の宇宙に… 日本人宇宙飛行士12人の経歴

2023年、2度目の宇宙ミッションに

古川聡氏(写真/AFP=時事)

古川聡氏(写真/AFP=時事)

古川聡(ふるかわ・さとし)
飛行期間:2011年6月7日→11月22日

 1999年、山崎直子、星出彰彦とともに宇宙飛行士に選抜。それまでは東大病院の外科医だった。2011年に約5か月半、ISSに滞在している。若田光一飛行士とともに、2023年頃におけるISS長期滞在クルーとして次の宇宙ミッションが予定されている。

無人補給機「こうのとり」をISSとドッキング

油井亀美也(時事通信フォト)

油井亀美也(時事通信フォト)

油井亀美也(ゆい・きみや)
飛行期間:2015年7月23日→12月11日

「新世代」と呼ばれる第5期募集の宇宙飛行士の中での最年長。航空自衛隊の元パイロットだった。ISS滞在時は地球の美しさに魅了され、多くの写真をTwitterで紹介した。実家は長野県のレタス農家で、深夜の野菜の収穫時に空の星を眺めていた。

日本実験棟「きぼう」の利用環境を構築

大西卓哉氏(SPUTNIK/時事通信フォト)

大西卓哉氏(SPUTNIK/時事通信フォト)

大西卓哉(おおにし・たくや)
飛行期間:2016年7月7日→10月30日

 前職はボーイング767の副操縦士として全日本空輸に勤務。ISSに向かうソユーズ宇宙船では「レフトシーター」を務め、船長を補佐した。大学時代に打ち込んだのが飛行機作りで、「鳥人間コンテスト」に出場したが、その際の役割はパイロットではなかった。

医師として健康に関する宇宙実験を遂行

金井宣茂氏(SPUTNIK/時事通信フォト)

金井宣茂氏(SPUTNIK/時事通信フォト)

金井宣茂(かないのりしげ)
飛行期間:2017年12月17日→2018年6月3日

 防衛医科大学を卒業後、海上自衛隊の医官として働く。潜水医学を学ぶためのアメリカ留学中、「深海」と「宇宙」の類似性に気づき、宇宙飛行士という仕事を意識した。米国での訓練中、「極限環境ミッション運用」の通称「NEEMO」から「ニモ」とあだ名で呼ばれた。

取材・文/稲泉連

※週刊ポスト2021年4月30日号

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト