国内

「マスク警察」「自炊警察」相互監視体制は日本の”伝統芸”か

電車の中でもマスクは必須になった(イメージ)

電車の中でもマスクは必須になった(イメージ)

 この1年3ヶ月のコロナ禍では「自粛警察」や「マスク警察」が登場するなど、自然発生的に見知らぬ他人の“非常識”と思しき行動を取り締まる動きが出た。だが、これは元々「五人組」などの相互監視体制があった日本において、“伝統”にも近いものなのではとネットニュース編集者の中川淳一郎氏は見ている。なぜ人は他人の行動を制限する「警察」になるのか。同氏が考察した。

 * * *
 コロナ騒動以降、私が常々感じているのは「なんで人々はどーでもいい他人の行動に口出ししたくなるの? バカなの?」ということである。屋外でマスクをしていない人間に対して「コラ! マスクをしろ!」なんて言ってくる「マスク警察」はバカの典型例であろう。

 あのさ、飛沫を飛ばさないためにはマスク云々よりも「喋らない」のが大事なの。いちいちマスク越しに興奮しながら注意をしてくる方がどうなんだっつーの! 屋外だったらいちいち注意するでもなく、無言で通り過ぎればいいだろうよ。

 といった時事ネタをまずは出してみたが、「とにかく他人に注意したい警察気取りバカ」を5例振り返ろう。まさに日本の伝統芸のようなものである。いずれも「もしかしたら不快に思うかもしれないが、本来そこまで“反社会的”ではない」「別に犯罪はしてないだろ?」、もっと言えば「他人の行為なんてどうでもいいだろうよ!」といった類である。あくまでも社会が作る「空気」によって悪者にされたものでしかない。

【1】髪の毛の色警察

 今は変わりつつあるが、過去には、髪の毛の色が「黒」以外だった場合、「不良」認定がされる中学校や高校は少なくなかった。地毛の色が薄い人のなかには黒く染めさせられた人もいるほか、「地毛証明書」というものまであるのだという。例えば、両親が日本人でも髪の毛が黒くない場合はあるわけだし、外国の血が入れば髪の毛は黒くならない場合があるが、それが「地毛」であり「染めた」ということではない、という証明書なのだとか。

 もう、バカか! としか思えない。髪の毛の色が学校生活でなんの影響があるのか? 「マネする人が続出して、風紀を乱す」とか「人と違うことをしようとする精神が気に入らない」とか、あるいは「そんなヒマがあったら勉強しろ」とかいう理由なのか知らんが、黒髪を“マネ”するのはOKという理屈もよくわからない。

 一方、大学生・専門学校生は、まったく髪の毛の色などどうでもいいとされている。赤や紫やオレンジや緑など、実に多種多様である。社会人になっても、マスコミ関係やアパレル関係、美容室関係では髪の毛の色は関係ない。ただ、役所では黒以外は「異端」扱いされ、善良なる市民から「おたくの役所の窓口に赤い髪の毛の人がいました! 黒に戻させなさい!」などのクレームが来るという話を聞いたことがある。

 仕事さえできればいいんじゃね?という理屈は通用せず、社会人になっても、とにかく「髪の毛の色が黒以外ではダメなクラスター」が存在するというワケのわからなさである。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン