• TOP
  • グラビア
  • 森尾由美 “レモンチックな17歳”のイメージ通りの弾けるビキニ姿

グラビア

2021.05.04 16:00  週刊ポスト

森尾由美 “レモンチックな17歳”のイメージ通りの弾けるビキニ姿

17歳で鮮烈なデビューを飾った森尾由美(写真/近代映画社)

17歳で鮮烈なデビューを飾った森尾由美(写真/近代映画社)

 1970~80年代を中心にアイドル誌として隆盛を誇った『近代映画』では、さまざまな青春時代の女神たちが美身を披露した。17歳で鮮烈なデビューを飾った森尾由美は水着姿やテニスルックなど、さまざま披露したという。

 デビュー時のキャッチコピー“レモンチックな17歳”のイメージ通り、誌面でも〈コートにダッシュ〉(1983年10月号)と爽やかにテニスをする姿や、〈シャープにダンシング!〉(1983年11月号)とバレエなどを披露した。お正月特大号では、氷点下20度の中、矢吹薫と富士山を登って「1984年はいい年でありますよーに」と手を合わせた姿も撮影。

 ドラマ『思秋期VS思春期』(テレビ朝日系)で共演した広岡瞬と対談し、休日に豊島園で〈40コぐらいの乗り物にぜえ~んぶ乗ったの!!〉と告白したことも。

文/岡野誠

※週刊ポスト2021年5月7・14日号

関連記事

トピックス