芸能

田中健が語る舞台の難しさ「第一声がその日の芝居のトーンになる」

田中健が数々の大先輩と共演した際の思い出を振り返る

田中健が数々の大先輩と共演した際の思い出を振り返る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・田中健が、若山富三郎、森繁久弥、森光子や黒柳徹子などの大先輩たちと共演した思い出について語った言葉を紹介する。

 * * *
 田中健は一九七七年、幕末の長州藩を描いたNHK大河ドラマ『花神』で、人斬りとして暗躍する天堂晋助を演じた。

「今まで僕がいただいた中でいちばんいい役じゃないですかね。

 二天一流の凄い剣豪なんですが、当時は役作りをよく分かっていませんでした。どうやって役作りしていいのか──。ただ、大河は事前に稽古場で殺陣の稽古をさせてくれるんです。びしっと稽古して本番に向かうことができました」

 七九年の松竹映画『衝動殺人 息子よ』では、悲劇の発端となる息子役。父親は若山富三郎が演じている。

「若山さんには凄く可愛がっていただきました。東映で会うと怖いんですが、松竹だと『飯食ったか』とか言われて、本当の息子みたいに。東映だと時代劇スターとして振る舞っていないといけないんでしょうね。

 共演していても物凄く包容力のある方で、何をしても受け止めてくれる感じがありました。

 それは森繁久彌先生も同じで、舞台でご一緒させていただいた際、難しい役なので『どう演技しようか』と迷っていたら、舞台袖で『お前は好きにやれ。あとは俺に任せろ』って。普通、そんなこと言えませんよ」

 舞台では森光子や黒柳徹子の相手役も務めている。

「舞台は自分で役を立ち上げていかないといけないんで、キツいですね。特に第一声。その声の出し方が当日の芝居のトーンになるんです。疲れている時だと、その日の芝居が全て低く落ちてしまいます。

 そこが確実にできていたのが、黒柳徹子さんと森光子さんでした。いつも第一声からカーンと出る。森さんは舞台袖で直前まで普通にしゃべっているのに、パッと出せますから」

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン