• TOP
  • スポーツ
  • 桐生、大坂、池江ら 五輪に引き裂かれるアスリートたちの肉声

スポーツ

2021.05.17 19:00  週刊ポスト

桐生、大坂、池江ら 五輪に引き裂かれるアスリートたちの肉声

東京五輪代表選手たちの言葉を振り返る(写真は桐生祥秀/時事通信フォト)

代表選手たちの言葉を振り返る(写真は桐生祥秀/時事通信フォト)

 緊急事態宣言下、東京五輪開幕まで70日に迫る。観客を入れるのか、無観客での開催か、それとも中止なのか。感染対策とワクチン接種はいかなる手順で進むのか。前のめりに突き進む政府、東京都、そしてIOC。頂を目指すアスリートたちは、言葉を選びながら本番に備えて牙を研ぎつづける。代表選手たちの言葉を振り返ろう。

桐生祥秀(陸上・男子100メートル候補)

「どういう発言をすればいいのか迷っている自分がいる。1戦、1戦、やるしかない」

 5月8日、五輪テスト大会に向けた記者会見での発言。五輪選手にワクチンが提供されることについて、「アスリートが特別だと思われてしまうのは残念」と複雑な気持ちをにじませた。

玉井陸斗(飛び込み・男子高飛び込み)

玉井陸斗(飛び込み・男子高飛び込み/時事通信フォト)

玉井陸斗(飛び込み・男子高飛び込み/時事通信フォト)

「ニュースを見て感染者が増えていると、(五輪開催は)怪しいなと思ったが、あると信じてモチベーションを保ってきた」

 自身初の代表が決まった5月3日に発言。五輪最終予選を兼ねた国際大会で緊張によるミスが相次ぐも、最後は見事な演技を披露し、土壇場で代表入りを果たした。14歳のアスリートはメダルへの意欲を燃やす。

一山麻緒(陸上・女子マラソン)

一山麻緒(陸上・女子マラソン/時事通信フォト)

一山麻緒(陸上・女子マラソン/時事通信フォト)

「残り3か月で少しずつ状態を上げていって、五輪本番では皆さんに私らしい元気な走りをお見せできたらいいと思います」

 5月5日、北海道で行なわれた五輪マラソンのテストイベントでの発言。代表に内定している一山(左から2人目)はこの日、1時間8分28秒のハーフマラソン自己ベストで優勝。本番に向けて順調ぶりをアピールした。

関連記事

トピックス