ライフ

「あんこ」にハマる舘ひろしがオススメ とっておきの和菓子店5選

 渋くていつまでもかっこいい舘ひろしさん。そんな彼が大の甘党だということをご存知だろうか。特にハマっているのが「あんこ」だ。

「味の好みはコンサバ、気に入ったらずっと食べ続ける」という、“あんこに一途な男”舘さんが食べ続ける、絶品和菓子5選を紹介する

柿安 口福堂 ラゾーナ川崎プラザ店

口福堂の

「舘さんは、おはぎを配る場に合わせて熨斗にもこだわるんです。そのアツい思いに応えたい!」(営業部長代行・松葉久幸さん。撮影/菅井淳子)

神奈川県川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ1F

 石原プロの名物を引き継ぎ、おはぎの差し入れが復活。舘プロが新たに選んだ『柿安 口福堂』は、精肉や惣菜で知られる『柿安本店』が展開する和菓子店で、親しみやすく本格的な味が人気。事務所立ち上げの際には、『おはぎ(つぶ)』(129円)2000個が振る舞われた。

「甘すぎないところもぼくの好み。理想に近い味でした」(舘さん・以下同)

ザ・キャピトルホテル 東急 ラウンジ「ORIGAMI」

抹茶の香りとミルクアイスの爽やかな風味がぜんざいに合う。『抹茶ぜんざい』(1771円)

抹茶の香りとミルクアイスの爽やかな風味がぜんざいに合う。『抹茶ぜんざい』(1771円。撮影/阿部健太郎)

東京都千代田区永田町2-10-3 3F

 色みも爽やかな『抹茶ぜんざい』(1771円)は、舘さんが仕事の打ち合わせでよく利用するホテルのラウンジの看板メニュー。

「ここに来たら、必ずオーダーするデザート。一緒にいる人全員にすすめるくらい、おいしいんですよ」

梅花堂

丸々とした『大福餅』(1個150円)。弾力のある皮となめらかなつぶあんが館さんのお気に入り

丸々とした『大福餅』(1個150円)。弾力のある皮となめらかなつぶあんが舘さんのお気に入り(撮影/菅井淳子)

愛知県名古屋市千種区末盛通1-6-2

 さつまいもを生地に練り込んで蒸す、名古屋発祥の和菓子『鬼まんじゅう』の名店。昭和4年の開店当時から変わらない味で愛され、昼過ぎにはほとんどの和菓子が売り切れる人気ぶり。

「名古屋に行ったら、ぜひ訪れてほしいお店です。『大福餅』(1個150円)はレンジで少し温めてもおいしいです」

御菓子所 芳光

こしあんがとろりと溶けるようにあふれ出す、『わらび餅』(1個310円)。注文後に振りかけるきな粉の香りが豊か

こしあんがとろりと溶けるようにあふれ出す、『わらび餅』(1個310円)。注文後に振りかけるきな粉の香りが豊か(撮影/菅井淳子)

愛知県名古屋市東区新出来1-9-1

 上質な素材で作られる見た目にも美しい和菓子は、茶人や著名人も絶大な信頼を寄せる。なかでも、あんこ入りの『わらび餅』(1個310円)は一度食べたら忘れられない逸品。

「母の代からずっと通っています。お正月に帰省したら必ずわらび餅と季節の生菓子『椿餅』を何箱も買って、東京の皆さんに配っています」

赤福

三重県伊勢市宇治中之切町26番地

 餅の上になめらかなこしあんをのせた『赤福餅』は、伊勢を代表するお土産。

「ぼくは基本的につぶあん派だけど、赤福は別格。関西方面に行ったら必ず買って、新幹線で食べます」

※女性セブン2021年5月20日・27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン