ライフ

新作『非弁護人』発表の月村了衛氏「作品に昇華させるしかない」

月村了衛氏が新作を語る

月村了衛氏が新作を語る

【著者インタビュー】月村了衛氏/『非弁護人』/徳間書店/1870円

 大衆文芸の王道に連なる設定や筋運びと、目を背けたくなるほど醜悪で邪悪な「今、ここ」のあり様──。そんな対極的ともいえる要件の両立を真骨頂とする月村了衛氏の新作『非弁護人』の魅力もまた、元東京地検検事でありながら法曹界のアウトサイダーとして生きる主人公〈宗光彬〉の設定に尽きると言えよう。

〈今の自分は、法と無法の境に立って、法に従う非弁護人なのだ〉とあるように、反社会勢力を顧客に持ち、高額な相談料を得る宗光は、元同僚のヤメ検〈篠田〉にすれば屑も同然。が、法の外側にいてこそできることもあり、東十条のパキスタン料理店で出会った8歳の少年〈マリク〉から、家族共々姿を消した同級生〈安瑞潤〉の捜索を依頼された彼は、やがて食いつめた元ヤクザや在日外国人を食い物にする〈ヤクザ喰い〉の正体に迫り、暴力ではなく法廷で闘うのである。

「今作を書くにあたってまず頭に浮かんだコンセプトが、このヤクザを食い物にする『ヤクザ喰い』という文言と、法曹界のブラックジャックという2つでした。

 一般に弁護士というのは、各弁護士会への加入が必要で、宗光のように犯罪歴があるとどんなに優秀でも拒否されてしまう。弁護士以外による非弁活動が禁じられる中、法の埒外に置かれながらも法に則り、リーガルに闘うダークヒーローという設定はかつてなく、相当に面白いんじゃないかと。

 また暴排条例の施行(2010年)以降、ヤクザの人権問題は最近注目されてもいて、ヤクザの家族、特に子供たちは悲惨な状況にあります。要領の悪い組員はリストラの対象になり、銀行口座が作れないため転職や転居も難しいとなると、それでなくても差別や偏見に喘ぐヤクザの子供の生活はどうなってしまうのか……。

 その2つの着想から生まれたのが本書で、今思えば不寛容な日本社会に対する私自身の怒りが形となって現れたような気もします」

〈世界が清潔であったことなど歴史上一度もない〉

 それが6年前、〈習志野開発〉による用地不正取得の捜査に着手した途端、内部告発者を自殺に追いやられ、ありもしない受託収賄の罪を負わされた宗光の実感だ。

 冒頭、台東区の倉庫で覚醒剤2キロが押収され、〈縣組〉の組員が関与を疑われた裁判の場面が、出所後は弁護士にもなれず、裏社会の法律相談でしのいでいる宗光のリーガルな思考回路を映し、しょっぱなから興味深い。彼は提出された証拠について盗聴など検察側の違法性をつき、なんと判決を覆してしまうのだ。

「非弁護人の彼が担うのは論理構成までですけどね。習志野の一件で正義を全うしたはずの彼は、最高検のお偉方や同期の篠田にすら裏切られ、法廷での居場所そのものを失ったんです」

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン