ビジネス

ソニーとパナソニック レガシーの継承か破壊かで明暗分けた「社長の評価」

二人三脚で経営の立て直しをしてきた平井一夫・前社長(左)と吉田憲一郎・現社長(2018年の社長交代会見/EPA=時事通信フォト)

二人三脚で経営の立て直しをしてきた平井一夫・前社長(左)と吉田憲一郎・現社長(2018年の社長交代会見/EPA=時事通信フォト)

 上場企業の2021年3月期決算が出揃った。2020年度はコロナに明け暮れた1年だったため、各社決算は惨憺たるものになるかと思われたが、フタを開けてみれば全社の純利益の合計は、昨年より5兆円あまり増え、28兆円となった。

 もっともこれは、日本企業として過去最大の純利益を上げたソフトバンクグループ(SBG)の5兆円が大きく寄与している。SBGは2020年3月期に1兆円に近い最終赤字を出しているから、1年で6兆円改善するという史上最大のV字回復となった。

 SBGに次ぐのは、長らく純利益ランキングのトップに君臨してきたトヨタ自動車の2.2兆円で前々期より1割増えた。そしてこの2社続くのが、前3月期で初めて純利益が1兆円を超えた(1兆1700億円)ソニーグループ(ソニーG、4月1日にソニーから社名変更)だ。前々期の純利益5800億円の約2倍という好決算だった。

10年前は最悪の状況だったソニー

 ソニーの利益が大きく伸びたのはコロナ禍による巣ごもり需要により、ゲーム部門が大きく伸びたためだ。同部門の営業利益は3400億円で、全体の3分の1を占める。

 このほか、金融部門、音楽部門も1000億円以上の営業利益を計上、これに祖業ともいえるエレキ部門(家電+電子部品)の営業利益2800億円が加わるなど、全事業分野でそれぞれ利益を上げたことが純利益1兆円につながった。

 決算発表の席で十時裕樹副社長兼CFOは、「最終利益の1兆円達成は10年単位での積み重ねによって実現したものだ」と語ったが、この言葉に、ソニーの好調の理由が凝縮されている。

 10年前のソニーは最悪の状況にあった。2008年のリーマンショックで明らかになったのは、すでに日本の家電メーカーが世界市場では負け組に転落しているという事実だった。ソニーのテレビ事業は9期連続で赤字を計上、それもあってエレキ事業全体でも赤字を垂れ流し続けた。そのため2012年には、当時のハワード・ストリンガーCEOが指名委員会の支持を得られず、事実上解任されている。

 この人事を受け新社長に就任したのが、2018年までCEOを務めた平井一夫氏だ。平井氏はエレキの再建を掲げ、現在の社長、吉田憲一郎氏と二人三脚で経営にあたる。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト