芸能

熊田曜子に「令和の松田聖子」評も ネガティブな話題を力に変えるタフさ

芸能界を生き抜く熊田曜子の強さとは?(AFP=時事)

芸能界を生き抜く熊田曜子の強さとは?(AFP=時事)

 ネガティブな話題を、プラスに変える能力は芸能界随一かもしれない。5月31日、熊田曜子が夫と離婚を前提に協議していると所属事務所を通じてコメントを発表した。夫はその13日前、熊田への暴行容疑で逮捕されているが、週刊誌『FLASH』ではDVの原因は熊田の不倫疑惑にあったと報じている。真相は今後、裁判で明らかになっていくようだ。

 そんな熊田は6月2日、インスタグラムを更新。和服の写真とともに、『銀座で働くことにしました』と投稿している。芸能記者が話す。

「絶妙な宣伝でしたね。別にクラブのママに転身するわけではなく、YouTubeチャンネル『熊田曜子 ~40歳で自分史上最強になる~』で、銀座のクラブを取材した動画をアップする告知でした。今後に注目が集まっているタイミングで、『銀座で働くことにしました』と言えば、ネットニュースが間違いなく飛び付き、アクセスが集中する。そう計算できているのでしょう。

『銀座で働く~』という言葉の後に、『詳しくは20時にアップ予定のYouTube熊田曜子チャンネルをご覧ください』と宣伝し、『インスタプロフィールから飛べますよ』と丁寧に教えている。どのタレントも告知はするが、どうやって見ればいいのかわかりづらい投稿もしばしば見受けられます。熊田は最初の1文で驚きを与え、簡潔かつ詳細に告知を行う。『銀座のクラブで』と全てを言わず、『銀座で』に留めて想像を掻き立てるところもセンスを感じます。タイミングもやり方も、宣伝文として完璧です」(以下同)

 実際、Yahoo!ニュースで検索すると、『銀座で働くことにしました』をタイトルに持ってきた媒体は3つ(6月3日15時現在。以下同)。『熊田曜子』『銀座』の2つを見出しにした媒体は11もあった。その中には、3000近いコメントが付いている記事もある。

「読者やマスコミが、熊田の手のひらで踊らされている感すらある。昭和の頃、千昌夫が芸能レポーターに追われた時、スタッフが新曲のタイトル入りの旗を持って、カメラの前で宣伝した。いつの時代も、ネガティブな情報をどうプラスに変えるかは、芸能人の大きな課題です。熊田はある意味、『令和の千昌夫』と言えます」

関連記事

トピックス