• TOP
  • スポーツ
  • 全米女子制覇の笹生に師匠ジャンボが驚いた「太ももとお尻」

スポーツ

2021.06.08 07:00  NEWSポストセブン

全米女子制覇の笹生に師匠ジャンボが驚いた「太ももとお尻」

快挙達成!(時事)

快挙達成!(時事)

 女子ゴルフの世界最高峰となるメジャー大会「全米女子オープン」で、日本人の父とフィリピン人の母を持つ笹生優花(19)が優勝を果たした。通算4アンダーで並んだ畑岡奈紗(22)とのプレーオフで競り勝った。優勝インタビューで「日本とフィリピンのファン、友達にありがとうと言いたい」と喜びの涙を流した笹生は、日本ゴルフ界の重鎮、ジャンボ尾崎(74)の門下生でもある。

 メジャー制覇の快挙に師匠であるジャンボは、「今回の優勝は彼女の育ってきたつらい環境をバネにした何くそ精神のたまものだ」と祝福のコメントを寄せた。ジャンボ門下生では近年、原英莉花(22)や田村亜矢(24)がブレーク。女子ジュニアの育成に力を入れるジャンボ尾崎ゴルフアカデミーに2019年に入門したのが笹生だった。

「その年のフジサンケイレディースに出場した時、原英莉花と練習ラウンドが一緒になり、その際にジャンボの長男で原のマネージャー兼キャディを務めていた尾崎智春の目に留まったのです。その声掛けで巨大な練習施設が併設されたジャンボ邸を訪れ、ドライバーを打ち始めた笹生を見て、ジャンボは“原より飛ぶぞ”と驚いたそうです。笹生は父親の指導で両足に250グラムの重りをつけてランニングしたり、自転車をこいだりしていたというが、そのパワーがジャンボに評価され、すぐに門下生になった。飛距離は天性のものだというのがジャンボの持論だから、そのお眼鏡にかなうというのはめったにないことだった」(ゴルフジャーナリスト)

 今年2月のアカデミーのセレクションでは、ジャンボは笹生の指導について質問を受けてこう答えていた。

「もう一人前だからね。なにも言うことはない。自分で頑張ればいい。女子の中であれぐらいパワフルなスイングができる選手は今までいなかった。ファンに見て楽しんでもらえばいい。“女タイガー”と言われているようだけど、本人は“女マキロイ”と言われたいみたいだね。実際、マキロイのスイングに似ている。女子のヘッドスピードや体力では難しいと思っていたが、すべて努力だね。女子であんなにやれるとは思わなかった。あんな選手が出てくると、他の選手がまた努力するんじゃないのかな」

関連記事

トピックス