• TOP
  • 芸能
  • 尾野真千子が主演作で見せた圧巻の“怒り” コロナ禍の“理不尽”を代弁

芸能

2021.06.08 16:00  NEWSポストセブン

尾野真千子が主演作で見せた圧巻の“怒り” コロナ禍の“理不尽”を代弁

最新出演映画のプロデューサーが語る尾野真千子の魅力(Getty Images)

理不尽な世の中への怒りと悲しみを体当たりで表現した尾野真千子(写真/Getty Images)

 尾野真千子(39才)が4年ぶりに単独主演を務めた映画『茜色に焼かれる』が、5月21日より公開中だ。緊急事態宣言 のさ中での封切りだったが、映画レビューサイトでは初日満足度第1位を獲得し、SNSでは「作品を観て力が湧いた」、「明日を生きるエネルギーをもらった」といった言葉が並んでいる。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんも、「コロナ禍で厳しい状況に置かれた人々の思いを代弁するような作品」と語る。

 * * *
 映画『茜色に焼かれる』は、『舟を編む』(2013年)や『町田くんの世界』(2019年)などの石井裕也監督(37才)によるオリジナル作品。尾野を主演に迎え、コロナ禍という未曾有のパンデミックに見舞われた世界を生きる、一組の母子とその周囲の人々の姿を描いたものだ。「コロナ禍の描写が秀逸」、「本作で描かれる理不尽さが実感として胸に迫る」といった口コミもあるように、現代社会のリアルな様相が作品に反映されている。

 物語のあらすじはこうだ。7年前に理不尽な交通事故で夫を亡くした主人公・田中良子(尾野)。彼女は夫の賠償金を受け取らず、施設に入院している義父の面倒をみながら、一人息子の純平を大切に育て上げてきた。経営していたカフェはコロナの影響で閉店し、花屋のバイトと風俗の仕事をかけ持ちをするも家計は苦しい。純平は同級生たちにいじめを受けており、良子は数年ぶりに再会した同級生から弄ばれてしまう。それでも母子は、懸命にいまを生きていく。

 石井監督と尾野のタッグのもとに集った座組も素晴らしい。主人公の息子・純平役には、新人の和田庵(15才)が大抜擢。理不尽な環境下で、大好きな母とともにもがき、真っ直ぐに生きる少年を瑞々しく演じ上げている。そのほか、わずかな出番ながらも強く印象に残るオダギリジョー(45才)が良子の夫役を演じ、若手注目株の片山友希(24才)が良子の同僚を好演。良子と同じく社会に翻弄される女性をエネルギッシュに演じ、シスターフッド的関係を築き上げている。さらに、永瀬正敏(54才)、芹澤興人(40才)、泉澤祐希(27才)、鶴見辰吾(56才)ら日本映画界を支える者たちが集結。この座組の先頭に立ち、圧倒的な熱量で率いているのが主演の尾野なのだ。

関連記事

トピックス