ライフ

鎌田實氏 災害を乗り越えるのに必要なのは「逆境力、レジリエンス」

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 21世紀は巨大災害の世紀となるのではないかとも言われている。地震やハリケーンなどの災害が世界で相次ぎ、いまは新型コロナウイルスによるパンデミックが発生した。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、災害を乗り越えるために必要な「逆境力、レジリエンス」について述べる。

 * * *
 フジテレビ系で全国放送されている「テレビ寺子屋」という番組に何年も出演している。今年は、東日本大震災10年ということで、宮城県丸森町で収録することになった。丸森町に行くことが決まったときから、ぼくは「丸森物産いちば八雄館」に行こうと決めていた。赤いパンツを買うためだ。

 さっそく、テレビの収録前に買いに行った。パンツはフリーサイズの1サイズのみ。包帯パンツでよく伸びる。男性も女性も穿けるユニセックス仕様だ。

 パンツを広げて中を覗くと、赤い地に黒い文字がプリントされていた。「メメントモリ」と読めた。ラテン語で「死を想う」という意味である。この文字は、180度反転させると「メメントウィウィーレ」(生を想う)という文字になる。前後がないパンツなので、穿き方によってメッセージが異なるというひねりのあるデザインだ。

 パンツを脱ぎ穿きするたびに、死を想い、生を想う。ぼくはこのパンツを、東京に行くときや、ここぞという仕事のときの“勝負パンツ”にした。

断水で洗濯ができない住民に400万円分の在庫を寄付

 赤パンツは、ザミラというベンチャー企業が作っている。扱っている商品は、このパンツのみ。地域おこし協力隊の男性が、丸森町に新しい風を起こそうと始めた。

 一時期、販売を中止していた時期があった。2019年台風19号による豪雨災害で、丸森町は大きな被害を受けた。断水し、多くの人が「下着をかえられない状態」で困っていることを知り、赤パンツの在庫のほぼすべてを避難所に寄付した。定価換算で400万円近くになる。地元の銭湯は赤パンであふれた。さぞ壮観だったろう。

「レジリエンス」という言葉を思い出した。もともとは物理学の用語で、「回復力」「復元力」「反発力」などという意味である。心理学でも、ストレスや困難に対する「折れない心」という意味でも使われている。

 ザミラのパンツも、よく伸びて、元にもどる。これも、レジリエンスだ。というのは半分冗談だが、東日本大震災、原発事故、台風による豪雨災害……いくつもの苦難が襲うなかで、あきらめずに前を向いていく姿勢にこそ、レジリエンスを感じた。

壁新聞が伝えたのは「折れない心」

 石巻市に「レジリエンス・バー」というカフェがある。手作りケーキや地元産の生ウニパスタなどが食べられる。コロナ以前、夜はお酒と音楽ライブを楽しめる場だった。

 このバーは、東日本大震災の翌年、ニュースの博物館「石巻ニューゼ」とともにオープンした。ここには、被災直後の町の写真や石巻日日新聞の歴史、そして、震災直後、避難所の壁に張り出された「壁新聞」などが展示されている。

 ぼくがMCを務めるラジオ番組「日曜はがんばらない」(文化放送、日曜朝6時20分~)に、石巻日日新聞の近江弘一社長をお迎えしたことがある。輪転機が水没して新聞を出せなくなった。そのとき、記者たちは自転車で町中を駆け回り取材。被災者の視点で必要な情報を、大きな模造紙に手書きで書き込んだ。その心意気は、情報以上に避難所の人たちを励ましたように思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン