芸能

さんま、木村拓哉…最高傑作の呼び声高い『古畑』第2シリーズの犯人

田村正和さんが出演した名作ドラマの数々はどこまで再放送されるか(時事通信フォト)

第2シーズンも豪華ゲストがずらり(時事通信フォト)

 4月に静かに亡くなった田村正和さん(享年77)の代表作といえば、スペシャル版も含めて約12年にわたり人気を博した刑事ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)だ。

 このドラマの見どころのひとつが、毎話登場する豪華なゲストたち。全3シリーズのなかでも最高傑作と呼び声も高い第2シリーズのゲストを紹介する。

・第1話 「しゃべりすぎた男」明石家さんま(65才)

vs明石家さんま

vs明石家さんま

“お笑い怪獣”が犯人役を演じ話題に。敏腕弁護士(明石家さんま)が結婚の邪魔になった恋人を殺害。しかし逮捕されたのは古畑の部下である今泉だった……。クライマックスシーンのさんまとの弁論対決に注目が集まった。

・第2話 「笑わない女」沢口靖子(55才)

『澪つくし』でヒロインを務めた沢口靖子(時事通信フォト)

vs沢口靖子(時事通信フォト)

 清純派の沢口が犯人役を演じた本作。厳しい校則を厳守すべきと考える全寮制女子高の教師が、人気の男性教師を殺害する。シリーズ初となる「動機当て」が最大のみどころに。

・第3話 「ゲームの達人」草刈正雄(68才)

『なつぞら』には『真田丸』と同じスタッフが入っているという

vs草刈正雄

 友人であり、不倫相手の夫でもある推理作家を殺害する主治医(草刈正雄)。犯人役の草刈と古畑役の田村さん、昭和を代表する二枚目役者同士の対決シーンが印象的。

・第4話 「赤か、青か」木村拓哉(48才)

 天神大学電子工学部研究助手(木村拓哉)は、遊園地の観覧車に爆弾を仕掛けた後に出くわした警備員を殺害。当時23才で人気絶頂だった木村が犯人役になったことで、大きな話題に。

・第5話 「偽善の報酬」加藤治子(享年92)

加藤治子

vs加藤治子

“上品なお母さん”のイメージが定着していた加藤が犯人役に。物語で古畑はすぐに犯人をつきとめるが、凶器がわからない。「動機当て」に続く、「凶器当て」をテーマにした作品。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン