芸能

田村正和さん 購入していた生前墓に墓石がまだない理由

(時事通信フォト)

田村さんの墓石の行方は?(時事通信フォト)

「あるはずのものが、そこにない」。田村正和さんが残した“難題”に、古畑任三郎ならどう立ち向かっただろうか。妻や兄の話に耳を傾け、そして田村さんの亡き父への思いを辿ることで見えてきた謎を解くカギ。墓石はどこに──?

「四十九日に納骨したと聞き、早く会いたかったのに、まだ会えてはいません。『お墓になったら来てね』って言ってもらっているのですが……」

 4月3日に心不全で亡くなった田村正和さん(享年77)の兄・登司麿さん(83才)は、田村さんの妻・和枝さんとのやり取りを明かした。田村さんの葬儀はごく少数の家族だけで行われ、登司麿さんは参列していない。そうした経緯もあり「早く会いたい」と話す登司麿さんだが、会えない事情がある。

 和枝さんに「来てね」と言われている墓に、暮石がまだないのである。田村さんは、1988年に「生前墓」を購入しており、納骨も済んでいる。本来ならあるべき墓石は、どこに消えたというのか。

 田村さんの生前墓があるのは、神奈川県横浜市の郊外にある広大な霊園。そのなかに、ひときわ大きな墓所が集まる区画がある。広々とした墓地の一角、『田村家先祖各霊菩提』と彫られた五輪塔が建てられている。霊園の関係者が言う。

「ここには霊園専属の墓コーディネーターなる人がいて、多くのかたはその人のアドバイスをもとに墓を建てています。でも田村さんは当時から外部のコーディネーターに相談していて、霊園のなかでは“特殊”な存在なんです。こだわりのある墓石を用意しているという話もありますが、どんなお墓ができるのかまったくわかりません。

 田村さんは、お墓の向きや形、配置のバランスなどから運気を呼び込むことができるという考えの『墓相学』を大切にしていたようです。残された家族のことも考えて、墓石だけではなく墓全体に強いこだわりがあるのでしょう」

 生前墓は墓相学で吉方とされる東南を向いて建てられている。その墓地に変化が見られたのは、登司麿さんが納骨したと聞いている四十九日以降のことだった。同じ区画に墓を構える男性が言う。

「五輪塔の隣に、《深達院和光日正大居士》と田村さんの戒名が書かれた角塔婆が建てられていたんです。田村さんの墓地の敷地はとても広いので、角塔婆が新たに建ったことで、逆に寂しく見えてしまっています」

 角塔婆とは、一般的に墓石ができるまでの墓標として建てられる木材の柱のこと。だが納骨から1か月が経過しようかという現在も、墓石が建つ気配はないという。生前からこだわって用意していたはずの墓石が消えたのには、田村さんの死生観が関係している。

 田村さんの死が公にされたのは、亡くなってから1か月以上も経った5月18日のことだった。田村さんは生前、俳優のイメージを崩さないために、「鉄のカーテン」と称されるほど自身のプライベートを隠し続けていた。その考えは生涯変わらず、最期も「静かに逝きたい」と願う田村さんの希望を、家族が尊重した形だった。

関連記事

トピックス

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)
楽天・安樂、パワハラ疑惑でクビは不可避の状況か 「暴行で解雇」デーブ大久保氏の擁護には呆れる声
NEWSポストセブン
逮捕された西成署の巡査(時事通信フォト)
《国際ロマンス詐欺で25歳現役女性警察官が逮捕》柔道インターハイ出場“陽キャ”な「ミニスカポリス」の闇堕ち
NEWSポストセブン
「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)
【BreakingDownで話題の元アイドル】ヤンキー姉が語る「ストーカーとの半生」 驚きの対策は「月収、自宅、交際遍歴をすべて公開」
NEWSポストセブン
VIP席の一角に中居正広の姿が
中居正広が元RIP SLYME・SUの誕生パーティーで「バンザイ」 屋上クラブでの“完全復活”姿
週刊ポスト
相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)
元横綱・白鵬の宮城野親方、協会理事選不出馬の内幕 “貴の乱”の二の舞いを許さぬ執行部の包囲網、野望は潰えたのか
週刊ポスト
池田大作・名誉会長は一体いつまで“健在”だった?(時事通信フォト)
【13年間の不在】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか 2年前に目撃した教団施設に入った巨大バス
週刊ポスト
山口晋・自民党衆議院議員(左/時事通信フォト)と20代女性A子さん(右)
山口晋・自民党衆議院議員の20代女性への“泥酔キストラブル”に地元大揺れ 父の山口泰明・元党選対委員長が「愛する息子に継がせるため」にしてきたことは
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所「テレビが映さない表彰式」の驚き 栄えある「年間最多勝」の表彰時に観客がこんなに少ないなんて!
NEWSポストセブン
A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)
【全文公開】自民党・山口晋衆院議員が「泥酔女性にキス」でトラブル 女性は被害届提出、山口議員は“恐喝された可能性”で警察に相談
週刊ポスト
(ハーレーダビッドソン・ジャパンの公式YouTubeチャンネルより)
永野芽郁、初マイバイク「ハーレーダビッドソン」ライド動画が大好評 バイク仕事のオファー殺到間違いなしか
NEWSポストセブン
池田大作氏の訃報に政界で最も敏感に反応したのは岸田文雄・首相だった(写真/共同通信社)
岸田首相が創価学会・池田大作名誉会長死去で「異例の弔問」 政権に不満を抱える学会員に“媚び”を売る下心か
週刊ポスト
番組を再度欠席した神田正輝
《旅サラダを2週連続で欠席》神田正輝、検査入院拒んでいた背景に「悪いところがあれば自分でわかる」長年の病院嫌い
NEWSポストセブン