スポーツ

福原愛、独占告白 年下商社マンとの不倫疑惑に「つい彼に無理を…」──NEWSポストセブン2021年上半期TOP10

彼の車でデートし、同じホテルに宿泊した理由は…

彼の車でデートし、同じホテルに宿泊した理由は…(写真は2月下旬)

 NEWSポストセブンで2021年上半期(1月1日~6月22日)に公開した記事の中から、大きな話題を呼んだ記事トップ10を発表します。第5位は、3月10日に配信した『 福原愛、独占告白 年下商社マンとの不倫疑惑に「つい彼に無理を…」』です。3月初旬、女性セブンにより横浜不倫デートが報じられた福原は、直撃取材に「ホテルに宿泊したのは事実ですが、部屋は2つ取っていて、一緒には過ごしていません」と語っていました。(年齢などは掲載当時のまま)

 * * *
「不倫」と「離婚」に関する一連の報道で世間を騒がせている福原愛(32才)が、女性セブンの直撃に答えた。ここで、その一部を紹介する。

 卓球女子元日本代表で、現在は解説者の福原は、2月下旬、イケメン長身男性と横浜中華街で食べ歩きデートを楽しんだのち、高級ホテルと自宅で連泊したと報じられた。われわれが知る“愛ちゃん”には似つかわしくない報道の数々は、日本にとどまらず中国、台湾と東アジアを駆け巡った。

 天才卓球少女として4大会連続で五輪に出場し、選手人生を全う。プライベートでは、台湾のイケメン卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ・32才)と結婚し、2人の子宝に恵まれ、「すべてを手に入れた、欠けたところがない完璧な人生」を歩んでいると思われた。しかし、女性セブンが福原を直撃すると、彼女の口から語られたのは意外な言葉だった。

「みなさんにはもしかしたら、私のことが満月のように見えるかもしれませんが、本当は三日月よりも欠けています。欠けまくりなんです……」

 今年1月、「株式会社omusubi」を設立し、代表取締役に就いた福原は、会社設立の手続きなどで日本に帰国していた。その際、彼女がアドバイスを仰いだのが、不倫疑惑が報じられたお相手のAさんだった。

「ここ数年はつらい日が続き、日本に帰ってきてからも精神的にいっぱいいっぱいになっていたとき、彼にいろいろとサポートしてもらいました。

 何度か自宅に通ってもらううち、『気晴らしになるから外に出ては』と提案してくれた。私は試合以外で横浜を訪れたことがなく、一度遊んでみたかったので『横浜に行ってみたい』と言い、中華街に連れて行ってもらいました。いまはコロナで電車が怖いので、彼の車で行くことにしました。

 今回の一件は、気晴らしに外出した私の軽率な行動が招いたものです。応援してくれる多くの方にご迷惑をかけてしまって、本当に申し訳なく思っています」(福原)

 福原にとってAさんとはどういう存在なのか。彼女に聞くと、「不倫関係ではありませんが」と前置きしながらも、こう続けた。

「そもそもは6~7年前に知人が開催した食事会を通じて知り合った男性です。そのときはまったく気にかけず、友達の友達だったので、“あ、来た”という感じでした。

 それからお会いしていませんでしたが、今年になって帰国した際、いろいろなことが積み重なって私が精神的にいっぱいいっぱいになったとき、ふと彼のことを思い出して、私から連絡しました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン