• TOP
  • ライフ
  • 鈴木涼美氏が考察「許されるおじさん、許されないおじさん」

ライフ

2021.06.26 16:00  NEWSポストセブン

鈴木涼美氏が考察「許されるおじさん、許されないおじさん」

「おじさんたちに賢くなってもらいたいという気持ちはあります」と鈴木氏

「おじさんたちに賢くなってもらいたいという気持ちはあります」と鈴木氏

──セクハラ問題によって辞任した財務次官や、週刊誌に報道された編集者などもいれば、「うまいことやってるおじさん」もいるとも。何が分岐点になるのでしょうか。

鈴木:総じて人のコンプレックスに寄り添える人は許されちゃいますよね。逆に東大卒の財務官僚とか、サロンで大儲けしている編集者って、人の「ずるい」と思う気持ちを逆なでするじゃないですか。そういう意味で大衆の受け止め方の問題でもあるんです。社会は複雑なのだから、悪いことをした人は全員成敗されて、悪いことをしていない人が生き残っていると大真面目に考えている人がいたら、それは間違いだと知ってもらいたい。おじさんを通して、それを捌いたりそれに翻弄されたりする、大衆の側に疑問を呈したいという気持ちもありました。

──今後は、清廉潔白でないことをうまくやる技術を持つ者と、持たざる者の分断が激しくなるだろうと予見した上で、おじさんには、「もっと賢くなれ」と、鈴木さん流のエールを送られています。

鈴木:有名人でなくても、私の周りには、セクハラなりパワハラなりで“退場”になったおじさんが結構たくさんいます。被害者のいることなので擁護するつもりは全くないのですが、もったいないなと思うことはあります。たとえば、極端な例かもしれませんが、私はウディ・アレンの新作が見たいんですね。私は男性の書いた漫画や映画で育ってきて、それらを愛しているので、見られなくなったりしたら困るんだよなと。だからこの時代、おじさんたちに賢くなってもらいたいという気持ちはありますね。

元カノを「ブス」と書くメンタリティが理解不能

──「おじさん」を介して、女性の問題が表出することにも気づかされます。人気作家・燃え殻氏の小説(『ボクたちはみんな大人になれなかった』)を論じた章では、女性には、彼氏の元カノが美人だとへこむ人と、ブスだとへこむ人、二種類がいると書かれていて、ちょっと考えてしまいました。

鈴木 自分のプライドの置き所によって変わってくると思います。面白いのはこれ、男性だと、彼女の元カレがイケメンかブサイクかより、収入や学歴が気になる人が多いことですね。それから以前、テレビで芸人さんと一緒になったときに、先輩の元カノと後輩の元カノ、付き合うのがムリなのはどちらかって聞いたんです。芸人さんの世界って、上下関係の厳しい男社社会ですよね。で、先輩の元カノは畏れ多いという人もいれば、後輩の元カノはプライドが許さないという人もいて、意見が分かれました。その人が何を不快に思い、何を気持ちいいと思うのかがわかって、ちょっと面白いです。

 燃え殻さんの小説は忘れられない元カノについて綴っているんですが、その元カノのことを「ブス」と書いているメンタリティが、女の私には全く理解不能。でも、ベストセラーになっているように、えもい、って感じている男の人がいっぱいいるわけで、男性の自意識というものが勉強になりました。

関連記事

トピックス