ライフ

鈴木涼美氏が考察「許されるおじさん、許されないおじさん」

「おじさんを捌いたりそれに翻弄されたりする、大衆の側に疑問を呈したいという気持ちもありました」

「おじさんを捌いたりそれに翻弄されたりする、大衆の側に疑問を呈したいという気持ちもありました」

人のコンプレックスに寄り添える人は許される

──著名な「おじさん」に対する違和感が綴られていきます。たとえばビートたけしの小説『アナログ』に見られるような、女性をある種「神聖視」する見方は、いまだに一部のおじさんには見られますね。

鈴木:女をきれいなものにしすぎてしまう男性って、女を貶めていないだけに、何を指摘してよいかわからず、居心地が悪い思いを昔からしていました。ビートたけし自体は私は映画のファンですから、表現者として大好きなんですが、この小説を読んで、女の愚かさを認めない男の心理が滲み出ている気がしました。女に悪意や戦略やだらしなさや愚かさがあることが認められなかったり、あることすら気づいていないと、女を過度に被害者化してしまったり、過度に信じてしまったりする。こっちは男の汚さを知っているんだから、男にも、女の汚さも知った上で愛してほしいって思いますが。

──昨今、世間をにぎわせる「不倫」もテーマの一つです。渡部建さん、東出昌大さんのように芸能活動自粛に追い込まれる人がいる一方で、“無傷”な人もいる。許されるおじさんと許されないおじさんについての考察も興味深いものでした。

鈴木:私自身は結婚していないので、不倫は正直どうでもいいのですが、見ているといろいろパターンがあって面白いですね。純愛型とか愛人型とかやり捨て方とか、男側から見ても、女側から見てもいろいろあると思います。不倫の傾向を見ると、そのおじさんがどんな思考回路なのか、何に誇りがあって何をコンプレックスに思うか、などを紐解いていく鍵になる気はします。

 不倫した人が無傷かどうかは、世間に認知されているキャラクーに加え、妻側の振る舞い方も影響すると思います。許されるといっても、世間にか、あるいは妻にか、というのもありますし、そこには、許してくれる女性を選んでいるかどうかも関わってきます。それから、相手を悪者にできるおじさんっているんです。そう考えると、船越英一郎さんの不問に付されっぷりは、尊敬半分、怖さ半分。世の男性は見習えばいいと思いますが、女性からしたら、奥さん(三田寛子)の株が上がった中村芝翫さんと船越さんを比べたら、奥さんの株を上げる男のほうがいいんじゃないかなって。私も、株上がりたいですから(笑)。

関連キーワード

関連記事

トピックス