芸能

佐藤健と岡田准一 注目集まる主演作でのアクションの共通点と違い

独立を発表した佐藤健

過酷なトレーニングにも励んでいたという佐藤健

 4月と6月に公開となった映画『るろうに剣心 最終章/The Final』、『るろうに剣心 最終章/The Beginning』に続き、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日より封切りとなり、注目のアクション映画が目白押しだ。主演を務める前者の佐藤健(32才)と後者の岡田准一(40才)、2人の“アクション俳優”っぷりに注目が集まっているが、それぞれの魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 身体能力の高さに定評のある佐藤健主演の『るろうに剣心 最終章』と、格闘技に精通している岡田准一『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』がそれぞれ公開中だ。SNSなどには、「佐藤健に岡田准一、どちらもアクションがキレキレで凄い」、「2人の動きが速すぎて目が追いつかない」、「2人のダブル主演のアクション映画を希望」といった声が多く上がり、異なるタイプの映画だが“アクション俳優”として注目が集まっているようだ。筆者も、いつか2人の“対決”が実現することを期待してしまう。

『るろうに剣心』シリーズ最終章となる2作では、『The Final』にて主人公・緋村剣心(佐藤健)にとって最後の強敵との死闘が描かれ、『The Beginning』は物語のすべての“はじまり”が描かれている。国民的人気マンガ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社)を原作とし、映画『3月のライオン 前編/後編』(2017年)や『億男』(2018年)などを手掛けた大友啓史監督(55才)が実写化したもので、全5部作にも及ぶ超人気シリーズだ。

 一方の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、2019年公開の『ザ・ファブル』に続くシリーズ第2弾。南勝久(50才)による同名漫画を原作に、これまでに手掛けた数々のCMが高く評価されてきた江口カン監督(53才)が実写化したものだ。“伝説の殺し屋”と呼ばれる主人公・ファブル(岡田准一)が、佐藤明という一般人として新たな生活を送っていこうと奮闘する姿が描かれる。世間知らずな主人公が繰り広げる、スリル満点のアクションとコメディのバランスが心地良い作品だ。

 佐藤と岡田に共通するのは、既に口コミにもあるように、時に“アクション俳優”と称される存在だということ。両者ともに「身体能力が高いからアクションができる」というのが世間一般の評価ではないかと思う。だが、そうした曖昧なものではない違った魅力がそれそれにあるのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス