スポーツ

引退の松坂大輔、横浜高の恩師が語っていた「引き際の大切さ」

(時事通信フォト)

松坂の「育ての親」が語った(時事通信フォト)

「平成の怪物」として一時代を築いた西武・松坂大輔(40)が野球人生に幕を下ろすことが報じられた。古巣・西武に14年ぶりに復帰した昨季は1軍登板がなく、今季は2軍戦の登板もないまま、引退を決断した松坂。そんな松坂を引退直前まで気にかけていたのが、横浜高校でコーチ、野球部部長を長年務め、「育ての親」と呼ばれる小倉清一郎氏だった。つい最近、筆者のインタビューにこう語っていた。

「そりゃ心配だよ……。電話で最近話したのは2月か3月ごろかな。『今あるところで秘密の治療をしています』って言っていて。首を傷めているみたいで、思うようにいかないんだろうね。『どうなんだよ』って聞いても『(治療を)やってるところだからわかりません』って。オレにも状態はわからないよ」

 小倉氏と松坂の出会いは今から28年前だった。江戸川南リトルシニアに所属していた中3の松井光介(現・ヤクルト打撃投手)に注目して球場に足繁く通っていた時、2学年下の松坂の姿に目を惹かれたという。

「ずば抜けて凄かったわけじゃない。コントロールも悪かったし、身長も165センチぐらいで高くはなかった。だけど、こいつはひょっとしたら凄い投手になるという予感がしたんだ。身長に比べて背筋は強そうだったし、2塁ゴロや遊撃ゴロを全部捕りにいく姿勢にも目を惹かれた。実際、中学3年間で球はどんどん速くなったよ。最終的に20~30校が興味を持ったんじゃないかな。でも、声を掛けただけの高校も少なくなかった。ストライクが入らないから」
 
 中学時代の松坂は2年秋の関東大会で優勝、3年の夏の大会も優勝するなど頭角こそ現していたが、全国の強豪で知られる中本牧リトルシニアに大量失点を喫するなど、世代を代表する存在ではなかった。当時の江戸川リトルシニアは帝京高とつながりが深く、「松坂も帝京高に進学するだろう」と見られていたのも、他校が手を引いた理由かもしれない。
 
 だが、小倉氏は松坂の可能性に賭けた。「ストライクはいずれ入るようになるから、どうってことない」と言いのけ、先に横浜高に進学が決まっていた中本牧リトルシニアの小池正晃(現・DeNA1軍外野守備走塁コーチ)、小山良男(現・中日スカウト)、常盤良太に対し、松坂を横浜高に誘うように伝えた。小池らにとってみれば、松坂はメッタ打ちにした投手だけに、その指令を不思議に感じただろう。小倉氏はその空気を察してこう言ったという。

「もう少ししたら、おまえらが束になっても勝てないぞ」

 横浜高に入学後した松坂だが、制球難がなかなか修正できない。渡辺元智監督が「投手に見切りをつけて打者にしよう」と提案したこともあった。だが、小倉氏は首を縦に振らなかった。

「あの学年は大輔以外に投手がいなかったんだよ。長田秀一郎(現独立リーグ・武蔵投手コーチ)をスカウトしていたんだけど、『公立でやる』って言ってたから、手を引いたら鎌倉学園に行って。もう一人、目をつけていた加納大祐も鎌倉学園に行った。松坂を育てるしかなかったんだ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン