国内

小室佳代さんの衝撃告白 結婚への強い意志と「国民の祝福」からの距離

佳代さんの金銭トラブルが眞子様の結婚の大きな障壁に

佳代さんの金銭トラブルが眞子さまの結婚の大きな障壁に

 秋篠宮家長女・眞子さまと婚約内定者の小室圭さんの結婚問題が一向に進展しない中、圭さんの母・佳代さんの告白が波紋を呼んでいる。佳代さんの告白記事が6月下旬、『週刊文春WOMAN』に掲載。皇族方とのやり取りがそこで明かされたのだ。

 そして、佳代さんの告白のなかで特に注目されるのが、「自殺」をほのめかしたともいえる内容だ。

《いつ死んでもいいと思うこともありました。明日死のう、と》

 佳代さんは「告白」の中で、金銭トラブルが明るみに出てからの3年半をそう語った。「自殺をも連想させるこの強い発言を読んで、眞子さまのお言葉を思い起こした人は少なくない」と語るのは皇室関係者だ。

「昨年11月に眞子さまが公表された文書には、《結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択》という一文がありました。“生きていくため”という言葉から、結婚できなければ大変なことになる、と眞子さまを知る関係者は騒然としたのです」(皇室関係者)

「いつ死んでもいい」と「生きていくため」──結婚のことで生死を持ち出した2つの言葉には、似た響きがある。

「佳代さんの“自殺ほのめかし発言”も、眞子さまが主導されたアイディアだったとみる向きも少なくない。そうした強い言葉を用いることで、眞子さまも佳代さんも結婚を前進させるというシナリオを描いていたのでしょう。

 とはいえ、たしかに結婚への強い気持ちは伝わるものの、具体的な問題の解決には何もつながらない言葉です。秋篠宮さまが結婚の条件とされた“国民の祝福”を得られる説得力があるのかどうか。自殺をほのめかすことはかえって“恫喝”のようにも感じられ、逆効果になりかねない」(別の皇室関係者)

 眞子さまにとって佳代さんは、自由な教育のもと、女手一つで小室さんを育て上げた「憧れ」の存在でもあるという。そこには、あらゆる面で厳格な教育をしてこられた紀子さまと佳代さんを比較するお気持ちも少なからずあっただろう。だが、そうした佳代さんに許したお心も、皇室全体の将来を考えれば、危ういものにも感じられる。

「プライベートのこととはいえ、皇族の結婚は税金が絡む公的側面を持っています。2月には天皇陛下が結婚問題に言及されるなど、いまや皇室全体の課題でもあります。さらに、佳代さんが亡き夫の遺族年金を受給し続けるため、婚約関係を隠すようにAさんに持ちかけたメールの文面も報道されました。もし不正受給だとしたら刑事責任を問われる可能性もあります。

 そうした人物と、内親王のお立場であられる眞子さまがここまで親密にかかわられていることは、果たして本当に問題のないことなのでしょうか」(皇室記者)

 ご結婚に向けて、心配事は尽きない。

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

関連記事

トピックス