スポーツ

大谷翔平を生んだ「大谷家流子育て」居心地の良いリビングが子供を伸ばす

あああ

投げても打っても、大活躍の日々が続く(写真/Getty Images)

 それでいて、食事中に両親が「もっと食べろ」「好き嫌いをするな」とうるさく注意することはなかった。大谷本人だけでなく、両親にも幾度となく取材を重ねてきたスポーツライターの佐々木亨さんが指摘する。

「大谷家はおおらかなお母さんを中心に温かい家庭でした。お母さんが大切にしたのは、とにかく楽しい雰囲気をつくって、みんなでワイワイと食べること。休みの日にはホットプレートを使ったご飯にして、家族で料理をつつき合うのが定番だったそうです」

 身長193cm、体重95kgという肉体の基礎は、一家だんらんから生まれたというわけだ。そんな家族の憩いの場は、2階建ての自宅の1階にあるリビングだった。

「大谷家は玄関からリビングを通らないと自分の部屋に行けない造りで、子供たちは皆リビングでご飯を食べて勉強もし、ソファで寝転んでいたそうです。大谷選手も2階にある兄と共同の部屋はほとんど使わず、自宅にいるときはずっとリビングにいて、ソファでそのまま眠っても起こされなかったこともあったそうです。

 大谷選手は『実家のリビングは居心地がよかった』と話していて、ぼくも実際にお邪魔したときに、ご両親の醸し出す空気感がとても温かかったことをよく覚えています」(佐々木享さん)

 こうした大谷家のルールは「安心感」と「主体性」を育むのに最適であると、前出の加藤さんは分析する。

「子供の成長で重要なのは、自分が無条件で受け入れられていると実感できる『心理的安全性』を手に入れること。大谷家のリビングでの光景はこれにあたります。加えてソファで寝落ちしても起こさないことにも教育的な意味がある。ソファで寝ると充分に眠れず、それによって翌日の学校でつらくなることも、子供が身をもって体験することで自らの行動を改めるきっかけになるのです。

 最近の親は、なんでも先にお膳立てをしがちですが、主体性を育むには、子供自身が体験して気づくことが大切です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト