• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん「NYで就職」で長引く結論 膨れ上がる「警備費」問題に批判も

国内

2021.08.02 16:00  NEWSポストセブン

小室圭さん「NYで就職」で長引く結論 膨れ上がる「警備費」問題に批判も

(時事通信フォト)

アメリカ・ニューヨークで働く予定だという(時事通信フォト)

 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが、米ニューヨーク州での司法試験を受験した。試験結果は12月までに発表されるとのことで、今後はニューヨークの法律事務所への就職する予定だという。

「ニューヨーク州の司法試験は7割ほどが合格すると言われています。小室さんは、留学先のフォーダム大学法科大学院でも成績優秀だったので、合格してニューヨーク州の弁護士となる可能性は極めて高いです。そして、今後もニューヨークで暮らすこととなれば、眞子さまとの結婚への動きがまた滞ってしまうと思われます」(眞子さま結婚問題を取材しているジャーナリスト・以下同)

 眞子さまと小室さんが本格的に結婚に向けて動くとなれば、「納采の儀」などの儀式の準備も必要となるだろう。そのためには、小室さん本人が帰国しなければならないはず。しかし、ニューヨークで就職すれば、小室さんもそう簡単に帰国できなくなるのだ。

 また、結婚が実現したとしても、小室さんがニューヨークで仕事をしているとなると、眞子さまも生活拠点を移される可能性が高くなる。そこで浮上するのが警備の問題だ。

「眞子さまが結婚なさって皇室から離れられたとしても、警備は続きます。その費用はもちろん税金でまかなわれますが、アメリカで生活されるならば、日本国内よりも警備費用が高くなることは間違いない。現時点でも、すでに警備費用について、国民から反発の声も出ているなか、それ以上の警備費が今後かかってくるとなれば、さらなる批判が出てくるのは容易に想像できます」

 さらに、ニューヨークでの生活費も問題視されている。

「これまで小室さんは、マンハッタンにあるフォーダム大学の寮に住んでいましたが、就職したら出ることになるでしょう。でも、セキュリティーのことなどを考えると、今後はそれなりの場所に住まなければならない。しかもマンハッタンの家賃相場はワンルームで月20万円以上、セキュリティーがしっかりしている物件なら30万円以上も珍しくないと言われています。ニューヨークの法律事務所は高給だと言われていますが、それでもなかなか大きな出費になるはず。まさか、小室さんの家賃に税金が投入されるなんてことはないと思いますが、ちょっと気になってしまいますね」

関連記事

トピックス