ライフ

「リアルな出会いはフェイスブックに限る」と主張する男性たちの言い分

どのアプリが出会えるのか(イメージ、時事通信フォト)

どのアプリが出会えるのか(イメージ、時事通信フォト)

 かつて男性は女性ほど「婚期」というものを意識する必要はないといわれてきた。そのためか、男性でさえあれば40代、50代になっても若くて美しい女性と出会い、交際し、場合によっては結婚が可能だと期待している人が今も少なくない。だが、現実はシビアで、特別な金持ちだったり、有名芸能人だったりなどの特殊な条件でもなければ、思い描くような出会いはない。だが、フェイスブックなら可能性はあると信じている男性たちがいる。ライターの森鷹久氏が、いわゆる出会い系アプリとフェイスブックは違うと主張する彼らの思いを聞いた。

 * * *
 日本中のあらゆる場所に住む老若男女がスマホを持ち、気軽に様々なネットのサービスを利用できるようになった。生活が便利になったり、知りたい情報をすぐに調べることができたり、そして、出会いの形も変わった。

「世の中悪い人しかいません、基本的には性悪説ですよ。リテラシーは重要です」

 達観したような面持ちでスマホの画面に目を落とすのは、都内在住の出版社勤務・加藤一志さん(仮名・50代)。スマホの画面には、25億人以上のユーザー数を誇る世界ナンバーワンのSNS「フェイスブック」が表示されていて、加藤さんは慣れた手つきで新規メッセージが来ていないか、通知が来ていないかをチェックする。筆者が話を聞いた1時間ほどの間にも、およそ5分に一度はアクセスしている。スマホを持つと、条件反射的にフェイスブックアプリをタップしているというレベルだ。

 加藤さんがこの2年ほど日課にしているのが、フェイスブック上の「出会いコミュニティ」に参加し、自己紹介を書き込んだり、気になる女性にメッセージを送るなどの「婚活」である。様々な出会い系アプリ、サービスがある中でフェイスブックを使いつつづける理由について、次のように力説する。

「Tinder(ティンダー)やOmiai(お見合い)などのアプリ、サービスでは、やりとりは原則として一対一で行われますよね。登録したら、基本的にはお互いの合意がないとやりとりさえ始められないし、一方的にダイレクトメールを送りつけてくるアカウントもほとんどは詐欺のアカウントなんですよ。私も馬鹿じゃいし、それは知っていますから。その点、フェイスブックのコミュニティであれば、オープンな場所でまず、挨拶などのコミュニケーションを取ることが慣例になっている。だから、生身の相手と必ずやりとりができる。コメントの返事がなくとも、いいねなどのアクションが返ってくるだけでもいい。これは私の『発見』ですよ」(加藤さん)

 何よりも、女性のアカウントとコミュニケーションを取ることの重要性を説く加藤さん。もっとも、そのアカウントが、プロフィール写真通りの美しい女性本人なのかは不明だ。そもそも、女性になりすました、詐欺目的でカモを探している中年男性の可能性もあると思うのだが、加藤さんは、確かなコミュニケーションはフェイスブックが一番取りやすいのだと胸を張る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン