• TOP
  • 国内
  • コロナワクチン「2回目接種後に発熱」例多数 専門家はどう見る?

国内

2021.08.07 07:00  女性セブン

コロナワクチン「2回目接種後に発熱」例多数 専門家はどう見る?

接種後に発熱する事例は少なくない

接種後に発熱する事例は少なくない(写真/Getty Images)

「高熱で動けない。こんなんじゃ、コロナにかかった方がまだラクなのでは……」。コロナワクチンの2回目接種が進むにつれ、接種後で高確率で発熱することが明らかになった。予防措置で苦しむなんて、本末転倒ではないか。そのワクチン、本当に大丈夫なのだろうか──。

《ワクチン2回目 昨夜は高熱。頭かち割れるぐらい痛い。本当インフルみたいに辛い こんなのあり? ワクチンで辛いなんて? 変な時代になったもんだ》

 タレントのRIKACO(55才)がインスタグラムで嘆いたのと同じことが、いま日本中で起きているという。新型コロナのワクチン接種についてである。多くの人が打てば打つほど、その副反応の“激しさ”に違和感を訴える声も大きくなっているのだ。

 7月21日、厚労省の専門部会で、7月16日までの5か月間で、ワクチン接種後に死亡が報告された事例が751人に達したことが公表された。前回の報告から、1週間で200人の増加だった。

 死者の増加とともにクローズアップされたのが接種後の「発熱」である。モデルナ製ワクチンを2回接種した自衛隊員約1000人のうち、4人に3人にあたる75%以上が、翌日に37.5℃以上の熱を出した。そのうち6割は38℃を超える高熱で、4割以上が接種3日後まで病休、または仕事にならない状況だったという。

 発熱に苦しめられたのは屈強な自衛隊員ばかりではない。

「私も接種後の高熱にひどく苦しみました」と語るのは、都内在住の近藤明子さん(仮名・48才)。今年6月、職域接種でモデルナ製のワクチンを接種した近藤さんは、翌日に発熱して動くことのできない倦怠感に襲われた。

「仕事中に突然悪寒がして、体がブルブルと震えて39℃の高熱が出ました。頭が割れるように痛くて深く呼吸することができず、意識はもうろうとしていきました。生まれて初めて“死”を意識しました。救急搬送されたのですが、2日間は熱が下がりませんでした」(近藤さん)

 熱が下がっていったん退院するも、翌日にはまた発熱。体の震えもぶり返して、再入院せざるを得なくなった。

「その後も38~39℃の発熱と体の震え、激しい頭痛などの症状が続きました。ひどいときは目を開けられず、声を出すことも困難でした。薬剤治療を受けながら2週間以上も重い症状が続き、そこからゆっくりと回復に向かったものの、接種から2か月も微熱が続きました」(近藤さん)

関連記事

トピックス