ライフ

ワクチン「3回接種」のメリット・デメリット 4回打った人はどうなった?

3回目接種を受けるイスラエルのヘルツォグ大統領(写真/AFP=時事)

3回目接種を受けるイスラエルのヘルツォグ大統領(写真/AFP=時事)

 新型コロナウイルスのワクチンを2回接種したあとに感染する「ブレイクスルー感染」が報告されているという。そうしたことからワクチンの製造元である米製薬大手ファイザーが提唱するのが、「3回目」の接種だ。

 7月末にファイザーは、3回目の接種は2回目の後と比べ、18~55歳の若年層で5倍、65~85歳の高齢者層では11倍、デルタ株に対する抗体が多くなるとのデータを公表した。さらに同社幹部は、「2回の接種完了後、半年から1年以内に3回目の接種が必要になる」との見通しを明かしている。

 デルタ株の猛威でブレイクスルー感染が増加したイスラエルでは、8月1日から60歳以上の市民を対象に、3回目のワクチン接種を開始した。日本も7月末に河野太郎ワクチン担当相が「3回目を多分来年打つことになる」と発言している。ナビタスクリニック理事長の久住英二医師が解説する。

「2回のワクチン接種で基礎的な免疫をつけてからある程度の時間が経過すると、免疫機能の強さを示す『抗体価』が低下します。そのタイミングで3回目を接種すると、体内で作られた免疫機能が、再び抗原に接することで強化される『ブースト効果』が生じることが科学的に証明されています。これによって大幅に上昇した抗体価が、長期にわたって維持されます」

 だが3回接種がもたらすのは利点だけではない。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センターの一石英一郎教授が言う。

「2回の接種で身体は基本的な免疫を覚えています。そこに3回目を打つことでさらに強い免疫反応が引き起こされるため、副反応も強くなると考えられます。コロナワクチンは2回目の接種で強い副反応が出ることが分かっているので、3回目もさらに強い可能性はある」

 米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品薬局(FDA)は7月8日に「現時点ではワクチン接種が完了した人に追加接種は必要ない」との共同声明を出しており、慎重な姿勢を見せている。

「4回接種」の2人は…

 判断の参考になるのは“経験者”の声だ。実は、日本にはすでにワクチンを「4回接種」した高齢者が2人いる。

 ひとりは北海道・弟子屈町の80代男性。この男性は医療機関に出入りする業者で、今年4月と5月に医療従事者枠でワクチンを先行接種した。その後、弟子屈町の接種券を用いて6月と7月に高齢者枠で連続接種した。4か月連続接種となった男性に異変はなかったのか。

「本人曰く、『複数回受けたほうが、効果が高まると思った』とのことです。直近では7月中旬に本人に直接会って聞き取り調査をしましたが、元気に生活し、仕事もされているそうです」(弟子屈町の担当者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン