スポーツ

五輪メダリストがテレビで弾けるのはこれから 入江聖奈、大橋悠依らに注目

入江

女子ボクシングで金メダルを獲得した入江聖奈選手(写真/JMPA)

 日本代表のメダルラッシュで幕を閉じた東京五輪。メダリストたちの今後のテレビ・CM出演について、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが分析します。

 * * *

開催寄りのムードを晒し出すとバッシングされたテレビ局

 本当に、いろいろなことがあった東京五輪2020が閉幕しましたね。苦悩と葛藤を抱え、厳しいルールや日々の検査に耐えながら、史上最多となる58個ものメダルを獲得してくれた日本人選手を心から尊敬いたします。

 メダリストのみならず、インタビューを受けた選手の大半が、「開催してくださって、ありがとうございます」と異口同音に感謝の念を述べていたことにも胸が締め付けられたものです。

 本当だったら、「チョー、気持ちいい」と叫んでいただいて構わなかったし、「自分で自分を褒めたいと思います」と言っていただいてもよかったのですから。

 そして、選手の名言は、年末の『ユーキャン新語・流行語大賞』に多数ランクインする予定でもありました。

 が、恐らく、選手由来の言葉は入らないでしょう。いや、心に残る名言はたくさんあったのです。でも、キャッチーな新語や、流行語になり得るワードは、選手の発言ではない「ゴン攻め」と「真夏の大冒険」ぐらいでしたよね。

 テレビ局のスポーツ番組とて、出せていない密着映像やインタビューがたくさんあると思われます。開催か否か、直前まで不明だったし、開催寄りのムードを醸し出すとバッシングされたテレビ局。

 スポーツバラエティー番組などが五輪戦士とタッグを組むのは「これから」が本番であるように思います。

 ニュースターは多数誕生したのですから。まずは、そのキャラクターと明るさ、頭の回転の速さに、多くの視聴者の皆さんが食いつき、「いちばんは、彼女に決まり」というコメントがNHKでも紹介されたのは、ボクシング女子フェザー級の入江聖奈選手(20才)。私も食いつきました(笑い)。

 カエルが大好きな入江選手のためにコーチが名付けた「トノサマガエル作戦」。『箱根駅伝』前の青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督の原晋さんみたいで、聞いた方は「え?」となるものの、笑顔で大きな結果を手にするところは似ていますよね。

「カエル関連かゲーム会社」への就職を希望していることから、『めざまし8』(フジテレビ系)のように、入江選手に代わって就活のお手伝いをしている番組もありましたが……、同じくナイスキャラだった里谷多英さん(長野五輪・フリースタイル女子モーグル金メダリスト)は同社の社員。テレビ局の人事部も含め、スポーツ選手が多数所属する芸能プロダクションがザワついている気がします。

関連記事

トピックス