浜田雅功一覧

【浜田雅功】に関するニュースを集めたページです。

二見颯一
『プレバト!!』でも脚光 「演歌第7世代」二見颯一がアートとの“二刀流”で注目集める
 その歌唱力とルックスで今人気の「演歌第7世代」の歌手たち。そのひとり、二見颯一(23歳)が『プレバト!!』(MBS・TBS系)への出演などで「アート」の一面にも注目が集まっている。コラムニストで放送作家の山田美保子さんがその魅力を解説する。 * * * ダウンタウンの浜田雅功がMCを務める『プレバト!!』は今年10月、開始から丸10年となる。 当初の番組名は『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』だったが、現在の「才能査定ランキング」をレギュラー版の統一企画にして以来、視聴率をジワジワ上昇させ、なかでも梅沢富美男が永世名人として君臨する「俳句」は大人気コンテンツだ。『女性セブン』の連載「瓢箪から人生」でもおなじみの俳人、夏井いつき氏は、「当番組へのレギュラー出演によって全国的な俳句ブームを牽引した」との理由で、2017年度の「第44回 放送文化基金賞」を個人・グループ部門で受賞している。 総合演出の水野雅之氏(MBS)も認める「がんばり屋」が揃うKis-My-Ft2は、多くの査定で準レギュラー状態。なかでも横尾渉の句は中学生の国語教科書の副教材に掲載され、メンバーから「先生」と呼ばれ、仕事の幅を広げて久しい。 他にも「水彩画」「絵手紙」「消しゴムはんこ」「色鉛筆」「スプレーアート」「バナナアート」「丸シールアート」など、アート部門には、意外な才能の持ち主が次々登場。モデルの辻元舞、元AKB48の光宗薫、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)第4シリーズでの秘書役だった女優の田中道子らは、『プレバト!!』で劇的に知名度を上げたと言っていい。 一部では「プレバト!!ドリーム」とも呼ばれるステップアップを目にして、出演を直談判。結果を残したのは、「俳句」の特待生、「フルーツポンチ」村上健志の相方、亘健太郎だ。昨年12月、「絵手紙」で出演し、1位になったのである。さらに、浜田雅功に出演を直談判。今年2月、「色鉛筆」で、いきなり特待生となり号泣したのは、「ミサイルマン」の岩部彰だった。コロナ禍で劇場での仕事が激減した芸人が“隠れた才能”で仕事をもぎ取った様に、浜田雅功は、もらい泣きしているように見えた。いきなり“特待生”となった才能 果たしてゴールデンウィークの5月5日、「色鉛筆」で見事な「アジの刺身」を描き、色選び…10点、明暗…8点、デッサン力…10点の合計28点で「才能アリ」。いきなり特待生となったのは「演歌第7世代」の一人、二見颯一だ。 5歳から民謡を習い、中学以降は多くのコンクールで優勝。2017年、2000人以上の応募があった「日本クラウン 演歌・歌謡曲新人歌手オーディション」でグランプリを獲得し、2019年3月、『哀愁峠』でデビューした。「演歌第7世代」は、異なる事務所やレコード会社に所属する同年代の歌手が揃ってコンサートをしたり、2~3人ずつ歌番組に出演したりする機会が多い。そんな中、二見が歌い始めると、その圧倒的な歌唱力から会場のムードが一転する場面を筆者は何度も目撃している。コロナ禍ゆえ、観客はマスクを付けたままで、声を出しての応援が禁止されている。だが、聴く人すべての気持ちを心地よくする二見が歌い出すと、他の歌手のファンも思わず拍手を送ってしまうほど聴き惚れているのがわかる。キャッチフレーズでもある「やまびこボイス」は、聴いてみる価値大だ。  大学を卒業したばかりの若者だけあって、Instagram、Twitter、ブログ、YouTubeとSNSの投稿にも熱心。なかでも、「#ふたみアート」として不定期でアップされる、個性的なイラストには、『プレバト!!』出演以前からファンの間から「才能アリ」の声が多かったものである。「民謡の実力の上に演歌の鎧をまとった平成最後の大型新人」としてHPで二見を紹介していた所属事務所は、『プレバト!!』出演以降、「二見颯一は二刀流」と断言。2回目以降の出演や「査定」が気になるところだ。 6月29日には、『二見颯一 颯~はやて~3 発売記念ライブ』が「中目黒トライ」で開催される。さらに7月7日には、“Enka & Prince”の異名をもつ「我ら演歌第7世代!スペシャルコンサート」に、青山新、新浜レオン、辰巳ゆうと、彩青と共に出演する。歌の実力と、各々の個性で相乗効果を生む「演歌第7世代」にあって、アートとの「二刀流」で羽ばたく二見颯一の今後に注目だ。◆構成/山田美保子 『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)などに出演中。CM各賞の審査員も務める。
2022.05.27 07:00
NEWSポストセブン
日比アナが見せる
浜田雅功にハマってるTBS日比麻音子アナ「シモネタで爆笑」の素顔
 お笑いコンビ、空気階段が初優勝して盛り上がったコント日本一を決める特別番組「キングオブコント2021」(以下KOC)で、2年連続で司会進行を務めたのは、TBSの女子アナウンサー日比麻音子(28才)。今、芸能界で屈指のMC、ダウンタウン浜田雅功(58才)の一番のお気に入りと評判だ。 昨年3 月に特番が放送されて、今年4月から15年半ぶりにレギュラー放送になった同局のクイズバラエティー番組「オオカミ少年」(毎週金曜午後7時~)と「KOC」で、ともにMCでコンビを組んでいる。 同局のある番組スタッフは「数々の女子アナと仕事をしてきた浜田さんが、一目置いているのが日比です」と断言する。 今月2日の「KOC」でも、空気階段のファーストステージのネタ「SM倶楽部で火災が起きた」の終了直後に、生放送にも関わらず、日比アナは大爆笑。「コンプライアンスの厳しい現代ではギリギリのネタでしたが、そんな繊細になりえる空気を払拭するかのように大笑いして、すぐに浜田さんが『お前、笑い過ぎや』とツッコまれた。あれは、空気階段をより高評価に押し上げる影響にもなったでしょうし、ああいう気取らない素顔が、浜田さんに好かれているポイントなんですよ。その象徴的なシーンでした」と、先の番組スタッフは解説した。 青山学院大文学部英米文学科出身で、在学中に出場した英語の弁論大会での優勝経験や、教員免許も持ち、2014年準ミス青山学院大という肩書きも。まさに才色兼備の逸材として5年前にTBSに入局した。夏の東京五輪でも、国立競技場前と国際放送センター内の特設スタジオからの生中継を担当。この秋からは「あさチャン!」から「Nスタ」「ひるおび!」へ異動と、帯番組のレギュラーを継続。さらに「オオカミ少年」「王様のブランチ」、そして「KOC」に加えて、9日放送の「オールスター感謝祭」でもミニマラソンの中継と、まさに“TBSの看板アナ”となりつつある。 前出の番組スタッフは「春の『オオカミ少年』の特番でも、かわいいオオカミの付け耳をしたのですが、本番直前にいきなり浜田さんの目の前で耳を付けたんです。その愛嬌あるやり方に、浜田さんはすっかりどハマリしていました」と明かした。 ラジオ番組で共演するヒップホップグループ「RHYMESTER」の宇多丸(52才)からは「国民の孫」とニックネームを付けられた愛されキャラは、「眉毛も細くしないで、自然な太さのまま。そういうナチュラルな美貌も評判だし、アナウンス力も確かで、エースに成長したのも当然。TBSでは、美人アナはことごとく辞めていくので、次のフリー候補なのかもしれませんが」と、あるスポーツ紙芸能記者は語る。 今後も、浜田の愛あるイジリで、ますます実力と知名度を高めていくのは確実。毎年、オリコンが12月に発表する「好きな女性アナウンサーランキング」では、昨年はトップ10にも入らなかったが、今年は、一気に上位にまでランクインしてくる可能性もありそうだ。
2021.10.13 16:00
NEWSポストセブン
浜田雅功「不倫スキャンダルも無傷」不寛容時代に好感度保つロールモデル
浜田雅功「不倫スキャンダルも無傷」不寛容時代に好感度保つロールモデル
 雨上がり決死隊の解散について、多くのファンや関係者が最注目したのは、8月22日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)のダウンタウン松本人志(57才)の発言だった。そして、そこで真っ先に語られたのは、相方の浜田雅功(58才)への深い思いだった。「コンビ芸人の、特にボケの方というとね」と自身の思いを語り出す。まずは、観客や視聴者、共演者を笑わすことがプロでありカネになるとの大前提を説明した上で、浜田の名を挙げた。「僕はね、それはそれとして、相方を笑わすことが何かおもしろい。うれしいとかの次元じゃなくて、俺が言ったことで浜田が笑ってることがおもろいんですよ。こいつ、俺の言ったことですげぇ笑ってるやんって。そこの優先順位が高いんですよ。浜田が笑ろても銭にならないけどね。そっちの方が俺は儲けたような気がするんです」 あくまでも、宮迫博之(51才)が蛍原徹(53才)を思いやっていなかったことへの違和感を表現するための自分の実例だったが、SNS上では「松っちゃんの浜ちゃん愛が尊い」「松ちゃんの愛の告白」などと、称賛のコメントが溢れた。 あるワイドショー芸能デスクは「浜田さんは、ツッコミと称して共演者や松本さんの頭を叩くし、かつては不倫もすっぱ抜かれましたが、長い芸歴で1度も好感度を落としたことがない。コンプライアンス重視、すぐにネットで中傷される世の中になっても、不動の好感度。芸能界でも唯一無二の存在かもしれません」と唸る。 その理由について、あるスポーツ紙ベテラン芸能記者は、こう解説する。「究極の愛されキャラなんです。グラドルとの浮気が撮られたのは7年前。車の中での2ショットを撮られ、言い訳のできない完璧な不倫スキャンダルでした(笑い)。しかし、その後、真っ先にフォローしたのは妻の小川菜摘さん(58才)。休養はしなかったのですが、直後から相方の松本さんだけでなく、仲良しの木村拓哉さん(48才)や先輩のビートたけしさん(74才)らから、散々テレビ番組内で不倫をイジり倒されました。周囲が笑いに変えて救ってくれたのです」 特に妻の小川は「主人は猛省しております。羽目を外し過ぎ、伸ばし過ぎた羽根を、家族にバキバキに折られ、その羽根をそっと畳み、意気消沈ゴリラになっています。そんな彼を、私達は変わらず笑顔で支えて行こうと思っています!」と、器量のあるコメントを出していた。 もちろん不倫自体は褒められたことではないが、そこまで愛されるのも、浜田本人の積み重ねであるという。冒頭の「ワイドナショー」の3時間前には、同じフジテレビ系で放送されたトーク番組「ボクらの時代」に、小川がハイヒール・モモコ(57才)とYOU(56才)と出演した。 ここでもYOUが「なんだかんだ言って(妻に)優しくするし」と浜田を褒めると、モモコも「優しい。誰にでも優しい」と賛同。小川も、長男のミュージシャン、ハマ・オカモト(30才)ら子供たちが「本当にお父さんを尊敬してるし、大好き」とノロけていた。 前出のスポーツ紙ベテラン芸能記者は「いい意味でのギャップ萌えです。コワモテかと思いきや優しくて、実際に周囲にも愛されている。逆に、不貞スキャンダルで大コケするのは、イケメンやさわやかさといった、他人に嫉妬されがちなプラス要素を売りにしている人たちなのかもしれませんね。もしくは、明らかにイケ好かない性格の人が、ボロを出したときに袋叩きに合うんです」 浜田ほど稀有なタレントはいないのかもしれない。
2021.08.29 16:00
NEWSポストセブン
ボクシング金の入江聖奈選手に注目が集まる(時事通信フォト)
五輪メダリストがテレビで弾けるのはこれから 入江聖奈、大橋悠依らに注目
 日本代表のメダルラッシュで幕を閉じた東京五輪。メダリストたちの今後のテレビ・CM出演について、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが分析します。 * * *開催寄りのムードを晒し出すとバッシングされたテレビ局 本当に、いろいろなことがあった東京五輪2020が閉幕しましたね。苦悩と葛藤を抱え、厳しいルールや日々の検査に耐えながら、史上最多となる58個ものメダルを獲得してくれた日本人選手を心から尊敬いたします。 メダリストのみならず、インタビューを受けた選手の大半が、「開催してくださって、ありがとうございます」と異口同音に感謝の念を述べていたことにも胸が締め付けられたものです。 本当だったら、「チョー、気持ちいい」と叫んでいただいて構わなかったし、「自分で自分を褒めたいと思います」と言っていただいてもよかったのですから。 そして、選手の名言は、年末の『ユーキャン新語・流行語大賞』に多数ランクインする予定でもありました。 が、恐らく、選手由来の言葉は入らないでしょう。いや、心に残る名言はたくさんあったのです。でも、キャッチーな新語や、流行語になり得るワードは、選手の発言ではない「ゴン攻め」と「真夏の大冒険」ぐらいでしたよね。 テレビ局のスポーツ番組とて、出せていない密着映像やインタビューがたくさんあると思われます。開催か否か、直前まで不明だったし、開催寄りのムードを醸し出すとバッシングされたテレビ局。 スポーツバラエティー番組などが五輪戦士とタッグを組むのは「これから」が本番であるように思います。 ニュースターは多数誕生したのですから。まずは、そのキャラクターと明るさ、頭の回転の速さに、多くの視聴者の皆さんが食いつき、「いちばんは、彼女に決まり」というコメントがNHKでも紹介されたのは、ボクシング女子フェザー級の入江聖奈選手(20才)。私も食いつきました(笑い)。 カエルが大好きな入江選手のためにコーチが名付けた「トノサマガエル作戦」。『箱根駅伝』前の青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督の原晋さんみたいで、聞いた方は「え?」となるものの、笑顔で大きな結果を手にするところは似ていますよね。「カエル関連かゲーム会社」への就職を希望していることから、『めざまし8』(フジテレビ系)のように、入江選手に代わって就活のお手伝いをしている番組もありましたが……、同じくナイスキャラだった里谷多英さん(長野五輪・フリースタイル女子モーグル金メダリスト)は同社の社員。テレビ局の人事部も含め、スポーツ選手が多数所属する芸能プロダクションがザワついている気がします。 今後、テレビCMに引っ張りだこだろうなと思うのは、競泳女子個人メドレーの200mと400mで金メダルを獲得した大橋悠依選手(25才)です。ネットで、お名前を検索すると、真っ先に「かわいい」と出てくる彼女。 嵐の大野智クン(40才)のファンということはすでに有名で、NHKのスペシャルナビゲーターを務める櫻井翔クン(39才)が大野クンからの“おめコメ”を代読した際、「いちばん、うれしいかも」と満面の笑みを浮かべた大橋選手。 でも、出陣前に聴くのはSnow ManやジャニーズWESTの曲で、いまもっとも推しているのは目黒蓮クン(24才)ということで、ジャニーズファンの中には、おっしゃりたいことがあるかたもいるようで(苦笑)。 果たして、“共演”はあるのか否かですけれど、スポーツバラエティー班はすでに企画していると思われます。 そして、このルックスのよさ、競泳ということで、北京五輪の男子400mメドレーリレー銅メダリストの宮下純一サン(37才)と、かぶってしまう私。和田アキ子サン(71才)との『永谷園』のCMまで浮かんでいます。『ホリプロ』スポーツ文化部さん、いかがでしょうか。 ルックスでいうと、ネット上で「似ている芸能人」の名前が6人も挙がっている(!)柔道男子66kg級の阿部一二三選手(24才)にも注目したいです。順不同で書かせていただくと、フジテレビの五輪キャスターを務め、インタビューもした関ジャニ∞の村上信五クン(39才)、King & Princeの岸優太クン(25才)。私も“岸クン似”に一票でした。さらに、KinKi Kidsの堂本剛クン(42才)、小出恵介サン(37才)、成宮寛貴さん、『ドライフラワー』を歌う優里サン(27才)……です。 いずれにせよ、イケメンということですよね。妹愛にもあふれていて好感度も大。兄妹揃って『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の“家族SP”出演を担当放送作家として熱望いたします。ここだけの話、テレビ局では、アスリートの皆さんにバラエティー班が勝手にコンタクトをとることはタブーとされているので、芸能プロダクションに入っていただけるとオファーしやすいのですが……(笑い)、たとえばワタナベエンターテインメントさん、いかがでしょうか。浜田雅功サンとすでに名コンビの女子バスケ 馬瓜エブリン選手 そして、レスリング女子の川井梨紗子選手(26才)と川井友香子選手(23才)の“姉妹共演”にも期待が高まります。私は、この10年、メ~テレ(名古屋テレビ)の『ドデスカ!』に出演させていただいているので、至学館大学(愛知県大府市)レスリング部に所属されていたメダリストの皆さんについては、かなり詳しいんです。リオ五輪の金メダルラッシュは番組出演中にナマで見させていただいていたので、あのときの感動はいまも忘れられません。“川井姉妹”も、かつての“伊調姉妹”(千春さん、馨=かおりさん)のように、テレビ番組からのオファーはすでに舞い込んでいると思います。川井姉妹の所属は『サントリー食品インターナショナル』の子会社『ジャパンビバレッジホールディングス』。『サントリー』さんの飲料のCMやイベント出演には当確でしょう。 そして、『ドデスカ!』と同じメ~テレの『アップ!』にて、8月13日、バスケットボール女子で見事、銀メダルを獲得した高田真希主将(31才)、馬瓜姉妹(エブリン選手・26才、3×3で5位のステファニー選手・22才)と共演してしまいました! エブリン選手は『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)の浜田雅功サン(58才)とすでに名コンビ。私が明石家さんまサン(66才)の名前を出したらガッツポーズをしながら目を輝かせました。りんごちゃんに倣い、大友康平サン(65才)の『ff(フォルティシモ)』をバスケットコート内でバナナの被りものでやりきった秘蔵VTRも見ました。この“バナナちゃん”は、高田主将からの命令だったそうで、彼女が「私もバラエティーが好きなんで」と入ってきてくれたときには心の中で小躍りしてしまいました。 愛知県生まれのエブリン選手を長年密着取材してきたメ~テレ制作の『テレメンタリー2021「東京の日の丸〜馬瓜エブリン26歳~」』(テレビ朝日系・ナレーターは宮崎あおいサン・35才)は8月22日放送です。 東京五輪のメダリストたちが弾けるのは、ここから。引退を予定しているかたにも、現役を続行されるかたにも、幅広い活躍を期待いたします。テレビ局でお待ちしています。構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2021年9月2日号
2021.08.22 07:00
女性セブン
【動画】浜田雅功そっくり! 長男ハマ・オカモトのクールファッション
【動画】浜田雅功そっくり! 長男ハマ・オカモトのクールファッション
 6月上旬、仕事終わりに都内の路上を歩いていた私服姿のハマ・オカモトさんをキャッチしました。 落ち着いた色合いのアロハ系シャツをノーベルトのゆるいパンツにタックイン。難度高めのファッションも才能豊かなアーティストはオシャレに着こなしていました。 ハマさんと言えば、ダウンタウンの浜田雅功さんの長男。ベテラン女性スタイリストによると「髪型も目も体型も父親の浜田さんの若いころにそっくり」とのことです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.06.20 16:00
NEWSポストセブン
浜田雅功そっくり! 長男ハマ・オカモトのファッションセンスに驚き
浜田雅功そっくり! 長男ハマ・オカモトのファッションセンスに驚き
 音楽シーンだけでなく、今、芸能界からも熱い注目を浴びているのが、ロックバンド「OKAMOTO‘S」のベーシストであるハマ・オカモト(30才)だ。6月上旬の仕事終わり、ハマはオーラを漂わせながら、都内の路上を歩いていた。落ち着いた色合いのアロハ系シャツを、ノーベルトのゆるいパンツにタックイン。普通の中年おじさんが真似すると野暮ったくなりかねない難度高めの着こなしも、才能豊かなアーティストだとオシャレに見えてくるあたりは、さすがである。 彼は、言わずと知れた、ダウンタウン浜田雅功(58才)と女優の小川菜摘(58才)の長男。ただし、高校時代にバンドを結成したときや、2010年に「OKAMOTO‘S」がメジャーデビューしたときも、家族のことは一切明かしていなかった。ある音楽関係者は「自分が独り立ちして実績を残すまでは、大物タレントの二世であることは内緒にしておきたいとの、本人の意思で公表を控えていた。七光と思われるのを避けたのです」と説明した。 2013年1月に、ハマがナビゲーターを務めていたラジオ番組「RADIPEDIA」(J-WAVE)で、ようやく父と初共演を果たしている。 音楽の才能は誰もが認めるところ。これまで、星野源(40才)やLiSA(33才)、菅田将暉(28才)ら数多くの有名アーティストの楽曲制作に、ベーシストとして携わってきた。また、音楽番組の司会や、今年も芦田愛菜(16才)と母の日向けの日本郵便のCMに出演するなど、多方面で着々と実績を積み上げている。 数多くの芸能人を担当するベテラン女性スタイリストは、写真を見て「マスク越しですが、髪型も目も体型も、父親の浜田さんの若いころにそっくりですね」と語った。続けて「浜田さんも、昔からビンテージのデニムやスカジャンを着こなして、相方の松本人志さん(57才)以上にオシャレでファッションにこだわりのある方でした。ただ、親子ともども、そんなセンスをひけらかすこともなくて、嫌みがないあたりも、スマートでとても好感度が高いですね」と驚きまじりの笑顔で話した。 今年は、日本郵政だけでなく、昨年から続く、OKAMOTO‘Sとして菅田と共演中のトヨタ「カローラツーリング」のCM、そして女優の本田翼(28才)と共演するアサヒビール「ビアリー」のCMも好評で、ますます露出も増えてきた。音楽ファンにだけではなく、お茶の間でも馴染みの深い存在になっていきそうだ。
2021.06.14 16:00
NEWSポストセブン
吉本興業社員と結婚した内田恭子アナ。その後はベストマザー賞も受賞している(時事通信フォト)
女子アナの結婚相手は高収入ばかりじゃない?庶民派結婚で好感度アップの例も
 6月7日に結婚を発表した加藤綾子アナのニュースが日々メディアを賑わせている。当初“一般男性”とされていた相手が年商2000億円企業の2代目社長と判明すると、世間はざわついた。年商と年収は別とはいえ、相当な資産と収入があることは間違いない。芸能記者が話す。「お金の話には、誰でも興味がありますからね。しかも、年商とはいえ半端ない額だったので、インパクトが強かった。ただ、カトパン自身が高額所得者ですから、自分以上の年収の男性と結婚しても何ら不思議ではありません。過去を振り返っても、ほとんどのキー局女子アナ出身者が推定年収1000万円以上の男性と結ばれています。“玉の輿”と言われがちですが、キー局のアナウンサーになれば年収1000万円に届きますから、言葉の誤用でしょうね」  『女子アナはお金持ちと結婚する』というイメージがあるが、中には1000万円に届かない男性とゴールインしたアナウンサーもいる。帯のスポーツニュース『すぽると!』、浜田雅功司会の『ジャンクSPORTS』などで大人気だったフジテレビの内田恭子アナは、29歳の2006年1月に32歳の吉本興業社員との婚約を発表。当時の会社四季報によれば、お相手の年収は600万円台前半と見られていた。彼は浜田雅功のマネジメントを担当しており、2人は仕事を通じて知り合っていた(肩書きはいずれも当時)。「時間外手当が付くので、本当はもっと上だったかもしれません。ただ、1000万円には届かなかったのではないか。自分よりも年収の低い男性と結婚した内田アナは好感度がさらに上がりました。世の男性の中には希望を持った人もいるでしょうし、女性からの共感も得たと思います」(以下同) 結婚した月に発表されたオリコンの『第1回好きな女性アナウンサーランキング』で、内田は2位にランクイン。3月限りでフジテレビを退社し、『すぽると!』を降板し、仕事量が減ったにもかかわらず、その後も同ランキングには、2008年12月発表の第5回までベストテンに入っていた。 最近では、フジテレビの山崎夕貴アナがお笑い芸人のおばたのお兄さんと結婚して、世間を驚かせた。2016年12月にものまね番組で出会い、翌年6月に『女性セブン』のスクープで交際が発覚した。2018年3月にゴールインした時は、“格差婚”と報道された。結婚直後のイベントでおばたは「家賃は僕がちょっと多く払っています。他も極力、僕が多く出している」と話し、「月によっては彼女の給料を超える時もある。初めて超えた時は(妻が)『未来が見える』と泣いて喜んでくれた。それで結婚を決めた」と明かしていた。「それでも当時、年収1000万円以上とは考えられなかったし、先行き不安定な芸人と結婚したことで、世間の山崎アナを見る目も変わったと思います。その後、おばたは2019年10月にYouTubeで同月の収入を160万円と公開。昨年11月には最高月収300万円とインタビューで答えています。月によって上下動が激しい職業ではありますが、結婚して以降、仕事も増えているし、2人の結婚は双方の人気にプラスに働いていると思います」 ミスコンテスト優勝者や学生時代にタレント活動歴のあるアナウンサーが目立つフジテレビにおいて、国立の岡山大学出身で垢抜けていない山崎アナは異色キャラクターで人気を得ていた。そのイメージに違わない結婚だったためか、結婚後も評判は変わらず、重用されている。それでは、“年商2000億円企業の2代目社長”と夫婦になった加藤綾子アナは今後、どうなるのか。「かつてオリコンの『好きな女性アナウンサーランキング』でV2を達成し、ベスト3の常連だったカトパンも3年前に3位、2年前に10位と落ち、昨年はトップテン圏外でした。 以前はランクインするのは30代前半以下の女子アナが中心でしたが、最近は有働由美子アナや大下容子アナなどベテラン勢が上位に来ている。カトパンも、彼女たちと同じように帯番組のキャスターを務めており、メディア露出は減っていない。それでも、順位が下がっているので、以前ほどの注目度はなくなっているのかもしれない。 ただ、本人も今さらランキング上位に入ることに躍起になっていないと思いますし、アナウンス能力やキャスターとしての進行、コメンテーターの話をまとめる力などは相変わらず高い。人気に一喜一憂せずに、淡々と自分の人生を歩んでいくのではないでしょうか」
2021.06.13 07:00
NEWSポストセブン
大物MCたちは女子アナをどう見ている?(時事通信フォト)
石橋貴明、浜田雅功、有吉弘行… 大物MCの人気女子アナ評価語録
 番組の看板を背負う「大物MC」たちは、それぞれの方法でアナウンサーと共演してきた。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が、彼らの接点から女子アナの素顔を探る。 若手芸人からもカリスマ視されるダウンタウンの浜田雅功は、2000年代に『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)で内田恭子アナと番組を進行し、番組がレギュラー復活した2018年からは新進行役・永島優美アナと共演している。 浜田は番組復活当初、永島アナの進行について「普通に(進行が)うまいですよ。僕が喋ってる間、次のことをポンと入れてくれますから、助かってます」「内田(恭子)とやってますから。もう噛み倒しやったからね」と語った。丸山氏はこの発言に注目する。「当時は新人の永島アナは当然、浜田さんとの共演に緊張していたはず。だからこそ、10年以上共演する内田さんをイジって、永島アナがやりやすい雰囲気を作った。内田さんの夫はダウンタウンの元マネージャーでもあり、冗談を言われても気にせず笑い飛ばせる内田さんの性格を熟知していたのでしょう」(丸山氏・以下同) 女子アナとの共演で唯一無二だったのが、『とんねるずのみなさんのおかげです/でした』(ともにフジテレビ系)だ。現在は活躍の中心をYouTubeに移す石橋貴明だが、丸山氏は、石橋とアナウンサーの“対決”が印象深いと話す。「加藤綾子アナや山崎夕貴アナをはじめ、フジ系列の女子アナを集合させてもじもじくんの全身タイツを着せたり、料理の腕前対決をさせたり、とにかくタレントと女子アナの境界を取っ払った。高橋真麻さんには、デコピンしたり顔面にガムテープを貼ったり(笑い)。めちゃくちゃに思えますが、笑いが成立することを体験し、現在に至る無茶ブリに強い真麻さんの素地ができたのでは」 その石橋が「腕一本でやっている。見ていて格好いい」と絶賛したのが有吉弘行だ。彼も容赦ない毒舌で知られるが、ミトちゃんこと水卜麻美アナに関しては「野心の塊だよ」と語ったことがある。丸山氏が言う。「視聴者からは親しみやすく、ぽっちゃりした体型からほんわりしたイメージを持ちますが、あれだけ番組をこなし人気を保ち続けるのは、本人の努力があってこそ。有吉さんも苦労した時代を経てカムバックしているので、素直に感心したところがあったのでしょう」 MCたちの言葉は、共演者としての女子アナの、テレビでは見られない側面も映し出している。※週刊ポスト2021年3月12日号
2021.03.02 07:00
週刊ポスト
出前館の赤いバイクや自転車を見かけることが増えた
出前館・中村利江会長が語る、宅配需要と競合他社との差別化
 コロナ禍で飲食業界が苦しむ中、急拡大しているのが宅配サービスだ。Uber Eatsをはじめ、楽天の楽天デリバリー、NTTドコモのdデリバリーなどがしのぎを削る戦国時代になっている。中でも、デリバリー時代の到来を20年前から予見していたパイオニアが出前館だ。ダウンタウンの浜田雅功を起用したテレビCM効果も相まって、デリバリーウォーズでは先頭を走っている。黎明期から同社を牽引してきた中村利江会長(55)に今後を訊いた。「女子大生コール」で起業──このシリーズではまず、平成元年(1989年)当時を伺っています。中村:私は1988年にリクルート(現・リクルートホールディングス)に入社しました。それ以前の大学3年生の頃からリクルートの「月刊ハウジング」という注文住宅雑誌で編集アルバイトをしていたんです。 大学生になってすぐ、女子大生ネットワークを活かしたモーニングコールビジネスを起業したところ、その活動が朝日新聞の「天声人語」で取り上げられたんです。 そのご縁で知り合った朝日の論説委員の方から「面白い会社がある。アルバイトしてみたら」と教えていただいたのがリクルートでした。 就職活動では証券会社をはじめ何社か内定をいただいたんですが、リクルートの仕事の面白さや活気あふれる社風が、私にはすごく合っていた。 ところが、編集志望だったのに配属されたのは営業部門。営業職の大変さは以前から見聞きしていましたのでちょっと憂鬱になりましたが、切り替えは早いほうなので、営業の仕事で頑張ろうと。──入社1年目にしてセールスでMVP賞を受賞したとか。中村:当時、リクルートの新入社員の年俸は300万円ぐらいでしたが、インセンティブ(成功報酬)がすごく高かったので、1年目の年俸は700万円を超えました。 それでも、翌1989年には退職しました。入社して2年目に結婚、妊娠したんです。当時は産休・育休制度などが現在ほど整備されていなかったので、残念でしたが辞める以外に選択肢がありませんでした。──1998年からはハークスレイ(「ほっかほっか亭」などのフランチャイズ統括会社)に勤務されます。中村:私、常に働いていないとダメなタイプなんです(笑い)。高岡市(富山県)にある実家が工務店を経営していたこともあって、インテリアコーディネーターの資格を取り、しばらくは子育てをしながら家業の手伝いをしていました。 その後、フルタイムで働けるようになった頃、1997年に株式上場したばかりのハークスレイに入社したんです。もともと食に関わる業種には興味がありましたし、当時は調理された食品をテイクアウトや配達によって家庭で食べる「中食」という形態が注目され始め、家庭での食事作り代行を意味する「ホーム・ミール・リプレイスメント」という概念も盛んに喧伝されていた。それでハークスレイに将来性を感じたんです。──入社後はどのような仕事を?中村:店舗の販促をサポートする営業企画室に配属になりました。出社初日に制服を手渡されたんですが、私は背が高いのでサイズの合う制服がないんです。なので、制服を着たくなかった。「どうしたら制服を着なくて良くなるのですか?」と聞いたら「管理職になれ」と。 そこで、チラシの制作プロセスを徹底的に研究して年間経費を億単位で削減することができました。それで半年後にマーケティング部の管理職に昇進したんです。──ハークスレイ入社から3年後、経営コンサルタントとして独立。同年、「出前館」を運営する夢の街創造委員会(現・出前館)の社外取締役に就任します。中村:ハークスレイ時代に取引があった夢の街創造委員会は経営コンサルタントとしてのクライアントの1社で、当時の社長から社外取締役になってほしいと頼まれたんです。 マーケティングを中心にお手伝いしていましたが、取締役会に出てみてびっくりしました。給与遅配が常態化しており、多額の負債を抱えていて資金繰りは待ったなしの状況でした。 そこで当時、ベンチャー企業支援に力を入れていた大阪ガスさんにプレゼンして出資をお願いしました。事業計画や資本政策に関する企画書を作成して、成長見込みや業界の伸びしろをご説明したところ、興味を持っていただけた。 その頃、当時の社長から「もし大阪ガスからの出資がまとまったら、中村さん、社長をやってくれ」と言われていました。 結果、4000万円の出資をいただけることが決まり、私も「思い切って挑戦してみよう」と2002年1月に社長就任を決めたんです。加盟店数は3万店突破──それから18年余が過ぎました。コロナ禍で飲食店が軒並み苦戦するなか、デリバリーやテイクアウトは大きく拡大しています。ダウンタウンの浜田雅功さんのCMも印象的です。中村:ハークスレイに在籍していた2000年は外食市場のピークでしたが、将来的には縮小していくことが明らかでした。 私は20年前から、いずれどの飲食店もデリバリーやテイクアウトが必須になると確信していましたが、コロナ禍でその波が一気に押し寄せてきた感じですね。まさか20年もかかるとは思いませんでしたが……。──急激な宅配需要の高まりにどう対応する?中村:総力を挙げて体制を整備しました。デリバリーの配達スタッフも、コロナ前は1500人ぐらいでしたが、直近では4000人を超えるまでになっています。 出前館の加盟店数は7月に3万店を突破しました。この1年間で1万店以上増えたことになります。緊急事態宣言下の5月が伸び率のピークでしたが、その後も毎月、前年比150%以上の伸び率をキープしています。 何より、飲食店の方々の意識がすっかり変わったことが大きい。特にコロナ禍で一番打撃が大きかった居酒屋や焼き鳥のチェーンなどに多くご加盟いただいています。 デリバリーを始めることで、イートインとは違う新規のお客様が獲得できることを理解していただけた。外食業界の中でその認識が一気に広がっていると実感します。──Uber Eatsや楽天デリバリーなど、宅配の競合他社との差別化ポイントは?中村:競合が増えてデリバリー市場が拡大するのはいいことだと思います。ただ、当社は「お客様の選択肢の広さ」が他とは違います。お店のラインアップや品揃えが豊富なところから比較して購入したい、というのがお客様心理です。 当社のもう1つのアピールポイントが「安心」「安全」です。配達代行はお店に代わって食品をお届けするわけですから、その飲食店のスタッフになり切って、サービスクオリティーをきちんと担保することが非常に重要です。 そのため配達スタッフの採用時も必ず研修を実施し、採用基準に満たない方はお断わりしている。採用コストはかかりますが、結局はそのほうが継続的に誠実に働いていただける方を採用できる確率が高いのです。コンタクトレンズも届ける──今年、LINEと資本提携されました。そのLINEは来年3月をメドに、ヤフーを傘下に持つZホールディングスと経営統合する。その効果は?中村:出前館がさらに飛躍するためには、資本提携するパートナーが必要だとここ2年ほどずっと考えてきました。そんな中、ご縁あってLINEさんと組ませていただくことになった。追い風のいま、資本提携によって事業資金が潤沢に入ってくるのはとても幸運なことだと思います。 LINEのIDは、日本人が一番多く持っているIDの1つですから、それがあればすぐに注文できる新システムは利便性が高いと思います。 LINEさんにも「LINEデリマ」というデリバリーサービスがありますが、年内には出前館に一本化する予定です。 さらにその先、ヤフーさんとLINEさんが一緒に作っていかれる予定のスーパーアプリ(*)も楽しみです。フードデリバリーでは、国内ではどこも追いつけないサービス体制の構築を目指していきます。(*ひとつのアプリで検索、ニュース、配車、Eコマースなど様々な機能が利用できるシステムのこと)──食べ物以外のデリバリー需要も増えていくのでは?中村:今後、ますます広がっていくでしょう。すでに首都圏の一部では、出前館を通じてメガネスーパーさんの使い捨てコンタクトをデリバリーしています。近い将来、アパレル関連や酒販系の企業ともコラボレーションできるようになると思います。 ただし、まずはフードデリバリーで完全なネットワークを構築することが大事です。出前館の拠点から半径3キロ以内を網の目のようにカバーし、地方にも広げていく。夢は広がるばかりです。【PROFILE】なかむら・りえ/1964年、富山県生まれ。関西大学卒業後、1988年リクルート入社。株式会社ハークスレイを経て、2001年7月から夢の街創造委員会(2019年に出前館に社名変更)取締役、2002年に同社代表取締役社長。2010年カルチュア・コンビニエンス・クラブ取締役。2012年に出前館社長に復帰し、現在は会長。●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト):1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。※週刊ポスト2020年10月2日号
2020.09.21 11:00
週刊ポスト
浜田と松本の漫才を見てみたい
志村けんさんが心許した後輩・浜田雅功 二代目バカ殿に浮上
 志村けんさん(享年70)の急逝から2か月。いまも数多くの追悼企画が続く。 5月20日深夜には『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)で志村さんの追悼番組を放送。MCを務める浜田雅功(57才)は、「(志村さんは)忘れてはいけない人間なんで」と言葉を振り絞った。「志村さんと浜田さんのサシ飲みシーンが放送されたのですが、印象的でした。2003年に放送されたものなのですが、志村さんは、“DNAを残したい”“体が動かなくなるまで、お笑いをやっていたい”“最期は舞台の上で死にたい”など赤裸々に語っていた。志村さんがあそこまで語るのは珍しい。相手が浜田さんだからでしょうね」(テレビ局関係者) 志村さんにとって、浜田は心を許せる数少ない後輩。2人には共通点があったのだという。「志村さんほどの大御所になると、どうしても収録現場で“まつりあげられる”ことが多くなってしまう。お笑いに貪欲な志村さんは、それをすごく嫌っていた。浜田さんもそうなんです。浜田さんは志村さんにも平気で頭を叩いてツッコんでいた。“上に立つ人の寂しさがわかるから”と話していたこともあります。志村さんもそんな浜田さんのことを、“おれに手を上げるのは、浜ちゃんだけ”“叩かれて許せるのも、浜ちゃんだけ”とうれしそうに話していました」(前出・テレビ局関係者) そんな浜田にある期待が持ち上がっている。志村さんが魂を込めて作り上げていた『バカ殿』の後継者だ。『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)は、1986年の放送開始以降、年1~4回の放送を34年間続け、今年1月までに97回放送。その後継者「2代目バカ殿」に浜田を推す声があるという。「志村けんさんの番組や作品を、1つでも継続させたいという仲間たちやファンの声は日に日に高まっています。沢田研二さん(71才)が映画『キネマの神様』の代役を買って出たのもそういったことでしょう。そんななか『バカ殿』を続けてほしいという声は大きい。 浜田さんは『バカ殿』に過去3回ゲスト出演しているうえに、うち1回はバカ殿の衣装を着て、“偽バカ殿”で爆笑をさらっている。制作サイドとしては、志村さんの熱意を引き継いで、少なくとも100回まで放送したいと思っている。その際の『2代目バカ殿』に適任なのは浜田さんしかいないといわれています」(前出・テレビ局関係者) 浜田なら、志村さんも「だいじょうぶだぁ」とうなずきそうだ。※女性セブン2020年6月11日号
2020.05.28 16:00
女性セブン
ソロとして初めてのライブツアーをスタート
木村拓哉、ソロツアー初日会場に中居正広の車 ファンも騒然
 冬晴れの夕方。日が沈みかけ、冷え切った空気の中、2月8日の東京・国立代々木競技場第一体育館前は熱気に溢れていた。グッズを買うために列に並ぶ人や、展示されている巨大パネルの写真を撮影する人。ファンは祭典の開幕を今か今かと待ちわびていた。 この日、木村拓哉(47才)にとってソロとして初めてとなるライブツアー『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』の初日公演が国立代々木競技場第一体育館で行われた。 開演が近づくと、関係者入り口も人の動きが激しくなる。続々と芸能人が客席に入り始め、及川光博(50才)、冨永愛(37才)、中村アン(32才)は待ち合わせをしていたのか同じタイミングで会場に入る。開演5分前には明石家さんま(64才)が慌てて駆け込んだ。 熱気うずまく数時間前、一台の車が入り口近くへと滑り込むのを見た数人のファンは、はっとしたように口元を押さえていた。40代女性が興奮気味にこう話す。「あの車って彼が使っている車ですよね? 今日、来てるんですね!?」 彼女たちが見たのは「来るはずがない」とみられていた人物の車だった──。◆中打ち上げで見せた「座長」としての矜持 ほかにもドラマで共演経験がある間宮祥太朗(26才)、大島優子(31才)、三浦翔平(31才)らがステージを見守っていた。 ロビーには後輩の堂本剛(40才)、長瀬智也(41才)や親交がある宮根誠司(56才)、槇原敬之(50才)、浜田雅功(56才)ら30人近い芸能人からのスタンド花も並べられていた。「本当に豪華で、“この人はあのドラマで共演した”とか“やっぱり仲がいいんだね”などと言いながら、たくさんの人が写真を撮っていました。でも、やっぱり中居正広さん(47才)からのお花はなかったですね…」(コンサートを見たファン) それだけに、冒頭で紹介した“関係者用の入り口につけた車”を見たファンは思わず叫び声を上げた。「あの車、仕事で中居くんが使っている車なんです! SMAP時代からあのナンバーは中居くんってファンならみんな知ってます。中居くんが木村くんのライブに来たってことですよね」(ファンの40代女性) 木村のいる会場の楽屋裏に止まっていて、誰も乗っていないその車を記念撮影するファンもいた。 SMAP解散以降、木村と中居の共演はない。ジャニー喜多川氏(享年87)の家族葬が行われた東京ドームで、同じ会場に居合わせたことがニュースになったほどだ。「今回の代々木で中居くんを見かけた人はいないんです。でも中居さん本人か、中居さんに近い関係者が来ていたということでしょう? そう考えると、かつてより距離が近づいたということだと思います。木村くんが歌った2曲もどんな形であれ中居くんは聞いているはずです」(50代ファン) * ソロアーティストとしてのスタートを切った木村はライブ2日目の9日、都内の有名焼き肉店にいた。「国産A5ランクの黒毛和牛、それも脂の口溶けがよいとされる雌牛を備長炭で焼いて味わえる本格派の店です。おいしいだけでなくてリーズナブルと食通の間では評判です。そうと知らなければ通り過ぎてしまいそうな、隠れ家的な場所にあり、店内は自然素材が贅沢に使われて落ち着いた雰囲気です」(グルメ誌ライター) 木村の周りを固めるのは、今回のライブを支える30人ほどのスタッフたちだった。「追加ライブが11日に控えていましたが、ひとまず2日間を無事に終えたことを慰労する中打ち上げでした。会場を選んだのはスタッフで、木村さんはライブ終了後、1時間半ほどで到着しました。木村さん自らがスタッフにお酒をすすめ、挨拶の音頭もとっていました。1人1万円のコースだったんですが、お支払いは木村さん。今後のライブにさらにはずみがつきました」(コンサート関係者) 中打ち上げは3時間以上続き、木村が店を後にした頃には、日付が変わろうとしていた。木村が車に乗る直前に見上げた夜空ノムコウには、何が見えていたのだろうか。※女性セブン2020年2月27日号
2020.02.13 16:00
女性セブン
浜田雅功専用のパッケージも存在するタマゴサンド
浜田雅功の差し入れ「タマゴカツサンド」、専用パッケージも
 ドラマや映画の撮影現場、番組の収録スタジオなどでは、出演する有名人たちからの差し入れが並んでいる。有名人が選んでいるのだから、それはそれはこだわりに溢れたおいしい逸品ばかりのはず! そこで2019年に話題になったドラマや映画などの現場に差し入れられた絶品グルメを徹底調査。絶対外さない差し入れを紹介します!◆タマゴをカツにする新発想銀座サンド『タマゴカツサンド』834円 [消費期限]当日住所:東京都中央区銀座7-6-4フィーラ銀座ビル営業時間:17~翌4時定休日:日祝 大阪の劇団『空晴(からっぱれ)』座長・岡部尚子さんの公式ツイッターで紹介されていた、ダウンタウン浜田雅功からの差し入れ。『空晴』の公演に浜田の妻・小川菜摘がゲスト出演していた。 ふわとろのスクランブルエッグをフライにした、外はサクサク中はふわふわのタマゴカツを甘酸っぱいオリジナルマヨネーズとソースとともにはさんだパンチたっぷりのサンドイッチ。大満足のボリューム。浜田雅功の名前入りパッケージもある。◆歌舞伎座に愛される香ばしいおいなりさん銀座白金や『焼いなり「六歌仙容彩」』4167円(山椒、胡麻、紫蘇、五目、紅生姜、季節の6種24個入)[消費期限]当日住所:東京都中央区銀座4-13-16営業時間:10〜19時定休日:無休 日本テレビ系ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』の現場に主演の菜々緒が差し入れたのは、いなり寿司。歌舞伎俳優が化粧を落とさずに一口で食べられると、歌舞伎座の差し入れの定番にもなっているという。お揚げの表面をこんがり香ばしく焼くことでワンランク上のおいしさ。◆「ちょっと一口」にちょうどいいつる瀬『むすび梅(一口おこわ)』278円[消費期限]当日住所:東京都文京区湯島3-35-8営業時間:9時30分~19時(日祝~18時)定休日:月(祝日の場合は火曜) NHK『あさイチ』(2019年7月9日放送)で紹介された、永作博美が推薦する“おみや”。もち米、大豆、昆布、梅干しのみで作るシンプルな逸品。湯島天神境内の白梅に隣接する石を模した形が食べやすくキュート。◆お湯を注ぐだけで料亭の味に久世福商店『お吸い物最中』ギフト8個入り 2380円(紅色は季節限定のため、在庫がなくなり次第終了) [賞味期限]製造日より180日 TOKIOが2018年の紅白歌合戦の出演者に差し入れしたという『お吸い物最中』。お湯を注ぐだけで、本格的なお吸い物がいつでも堪能できる。寒い冬にホッとできるおいしさは、わかめの味噌汁、野菜スープ、たまごスープの3種(各紅白2色)。店頭では1個から購入可能(260円)。◆テンションアップ間違いなしのパワー弁当ミート矢澤 テイクアウト恵比寿『矢澤コンボ弁当(内モモ)』3241円[消費期限]当日住所:東京都渋谷区恵比寿西2-11-9東光ホワイトビル1F(ミート矢澤 テイクアウト恵比寿) 田中圭がドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の撮影現場に差し入れたお弁当。最高級黒毛和牛精肉卸直営のステーキ・ハンバーグ専門店が手掛ける弁当の中でも一番人気を誇る、ハンバーグと内モモステーキの豪華コラボ。たっぷりの肉汁がたまらない。(※賞味・消費期限は、購入日を含めた日数です)撮影/深澤慎平※女性セブン2020年1月16・23日号
2020.01.15 07:00
女性セブン
いいとも、スマスマ、めちゃイケ… 平成後半に終了した名物番組の思い出
いいとも、スマスマ、めちゃイケ… 平成後半に終了した名物番組の思い出
 平成という時代で大きく変わったのがテレビの立ち位置。平成前半までは、テレビが娯楽の王様でしたが、2000年代に入ってインターネットとスマートフォンが一気に普及し、猛烈に進化を遂げたことで、一気にテレビ離れが進みました。とはいえ、今でも大きな影響力を持っているのがテレビ。平成の31年間のうちに終わった名物長寿番組について、まだ記憶が新しい方から順番に、ライターの金子則男氏が振り返ります。【みなさんのおかげでした(フジテレビ系):1997~2018年】 前番組の『みなさんのおかげです』から数えれば、およそ30年間続いた『みなおか』。裏方を集めたユニットで紅白歌合戦にまで出てしまった「野猿」、数々の才能を発掘した「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、芸能人が超高額の買い物をする「○○、××を買う」など、数々の伝説的な企画がありましたが、最もヒットしたのは「食わず嫌い王」でしょう。 これは2人のゲストが、好きな料理3つと、嫌いな料理1つの計4品を食べ、互いに相手の嫌いな料理を当てるというもの。超大物がゲストに来ることもあり、この企画ばかりやっていた時期もありました。【めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ系):1996~2018年】 ナインティナイン、よゐこ、極楽とんぼ、雛形あきこ、鈴木紗理奈、オアシズら、固い結束を誇るメンバーが爆笑を生み出した『めちゃイケ』。メンバーや芸能人のおバカ回答に呆れる「抜き打ちテスト」をはじめ、「私立岡村女子高等学校。」「やべっち寿司」「数取団」など、名企画はいくつもありますが、特に記憶に残っているのは「岡村オファーシリーズ」でしょう。これは岡村があることに挑戦する様子を追ったもので、SMAPやEXILEのライブへの参加、マラソン、ゴルフ、ボクシングへの挑戦など、ジャンルはさまざま。また2010年には、岡村の休養~復帰というドラマもありました。【いきなり!黄金伝説(テレビ朝日系):1998~2016年】 過酷な企画に挑戦し、その様子を余すところなく伝える『黄金伝説』。その名に違わず、「1か月1万円生活」「○○だけで1週間」「サバイバル生活」など、数々の伝説を生み出し、よゐこ濱口の「獲ったどー!」というセリフは、番組を象徴する一言として広く浸透しました。【SMAP×SMAP(フジテレビ系):1996~2016年】 平成において、終了がもっとも騒がれた番組と言えば、『スマスマ』(と後述の『笑っていいとも』)。看板コーナーの「BISTRO SMAP」をはじめ、SMAPのメンバーが歌にトークに、芸達者ぶりを見せつけ、従来の男性アイドルの枠にとらわれない活躍ぶりを見せました。2016年初頭のSMAP解散騒動時には、メンバーが生放送でグループ存続の方針を示唆しましたが、結局グループは同年内に解散することになり、番組も終了しました。【ライオンのごきげんよう(フジテレビ系):1991~2016年】『笑っていいとも』とともに、日本のお昼の大定番番組だったのが、小堺一機が司会のトーク番組『ごきげんよう』。一時は、「お昼はフジテレビをつけっぱなし」という人も多かったはずです。『ごきげんよう』といえば、サイコロを振って、出た目のネタを話すサイコロトーク。「何が出るかな♪ 何が出るかな♪」からの「なさばな~~。『情けない話』です」という流れは、『いいとも』と同様、まさに日本のお昼の風景でした。【チューボーですよ!(TBS系):1994~2016年】“巨匠”堺正章がゲストともに料理に挑戦するこちら。土曜23時台という深い時間帯ながら、人気は高く、堺の「星3つです!!」というフレーズは強く印象に残っています。雨宮塔子アナ、小林麻耶アナ、枡田絵理奈アナなど、歴代のアシスタントが人気者になったのもこの番組の功績の1つでしょう。【さんまのSUPERからくりTV(TBS系):1992~2014年】 日曜19時という家族団らんの時間帯に22年も放送された『からくりTV』は、明石家さんまが司会のバラエティ番組。形式的にはクイズ番組でしたが、知識が問われるようなものではなく、「この後どういうアクシデントが起きたでしょう」「この後、○○さんは何と言ったでしょう?」といった具合でした。名物は何と言っても、「ご長寿早押しクイズ」。TBSの鈴木史朗アナと、珍回答を連発するお年寄りとのやり取りに腹を抱えて笑った人は多いはずです。【森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ系):1982~2014年】 昭和にスタートして実に32年間も放送され、番組の終了が一大事件となったのが『いいとも』です。オープニングのテーマ曲、タモリと観客とのやりとり、ゲストが電話をして次のゲストへと繋ぐ「テレフォンショッキング」、「また明日も見てくれるかな?」「いいとも~~!」のエンディングまで、その流れのすべてが日本のお昼の風景として多くの人の頭にインプットされ、番組終了時には「タモロス」も発生しました。最終回には、ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、ナインティナイン、爆笑問題ら、錚々たるメンバーが出演。まさに平成を代表する番組でした。【トリビアの泉(フジテレビ系):2002~2012年】 生きていく上で何の役にも立たない無駄な知識=トリビアをマジメに検証するこの番組。番組が終わってすでに7年が経っていますが、「トリビア」という単語や、番組に使われた「へぇ」という表現がいまだに生きていることからも、この番組のインパクトの大きさは分かります。司会進行がお笑い芸人ではなく、高橋克実、八嶋智人というラインナップだったのも新鮮でした。【HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(フジテレビ系):1994~2012年】 ダウンタウンがアーティストを迎え、歌とトークで展開する『ヘイヘイヘイ』。ダウンタウンの巧みなしゃべりで、それまではなかなか見ることが出来なかった歌手の素顔が見られるのが人気の理由でした。番組から派生した浜田雅功と小室哲哉のユニット「H Jungle with t」のデビュー曲『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント』はダブルミリオンを記録。紅白歌合戦にも出場しています。【うたばん(TBS系):1996~2010年】 石橋貴明と中居正広の2人がアーティストとトークをする歌番組の『うたばん』。お笑い芸人とジャニーズという、いま思えば不思議なコンビでしたが、息はピッタリでした。とりわけ人気があったのが、2000年前後、人気絶頂だったモーニング娘。とのやりとり。飯田圭織への「ジョンソン」というあだ名、安倍なつみへの贔屓、保田圭いじりなど、メンバー全員を引き立たせる手腕は見事で、モー娘出演時は毎回高視聴率をマークしました。
2019.04.20 15:00
マネーポストWEB
2000年代をCMで振り返る「白戸家」誕生、「こども店長」など
2000年代をCMで振り返る「白戸家」誕生、「こども店長」など
 メロディやキャッチコピーを耳にしただけで商品やサービスを思い出し、当時の記憶を甦らせるCM。名作CMを振り返ると、平成という時代の移り変わりも見えてくる。2000年代は、インターネットと携帯電話の普及によって、世の中が大きく変わっていった。 2001年に「自民党をぶっ壊す!」と宣言した小泉内閣は、戦後内閣歴代1位の支持率を記録。「聖域なき構造改革」の結果、「格差社会」を加速させた。一方、暮らしを激変させたのはインターネットと携帯電話だ。2007年には携帯・PHSの契約数が1億人を突破した。2006年に誕生したソフトバンクモバイルが最初のCMキャラクターにキャメロン・ディアスとブラッド・ピットを起用したのは衝撃的だった。力士のCM進出も目立ち、ANAの「エコ割」には高見盛と白露山、日本コカ・コーラには朝青龍が「ファン太郎」として登場。大滝秀治の「つまらん」(キンチョール)も話題に。 2000年代を彩った、印象的なCMを振り返ってみよう。●2000年 日本コカ・コーラ/ジョージア明日があるさ「登場」篇 サラリーマンに扮した浜田雅功を主役に、吉本興業のタレントが同僚として出演。昭和30年代のヒット曲『明日があるさ』の替え歌が、日本に活力を与えた。●2004年 サントリー/伊右衛門「のれん」篇 京都の老舗茶舗・福寿園創業者の名を冠したお茶。本木雅弘扮する茶作りにひたむきな夫と、宮沢りえ扮する妻の物語が、愛され続けるシリーズに。●2005年 ライフ/ライフカード カードの切り方が人生だ「海外出張」篇 オダギリジョー扮するサラリーマンが様々なシーンで選択を迫られ、「どうするの?」と手持ちのカードを見るが……。「つづきはwebへ。」と、ウェブで視聴できる仕掛けが話題を呼んだ。●2007年 ソフトバンク/ホワイト家族24「予想外な家族」篇 日本人の母娘、そして外国人の兄、父はまさかの犬という設定が視聴者を仰天させた。以降、白戸家のお父さんは大人気となり、その一挙手一投足、発言に注目が集まった。●2008年 黄桜/黄桜「出会い」篇 小林繁と江川卓が酒を酌み交わし、28年前の「空白の一日」を埋めた。両者の緊張した面持ちが、酒とともに少しずつ笑顔に変わっていく様に、多くの野球ファンが喜んだ。●2009年 トヨタ自動車/オールトヨタ「登場」篇 加藤清史郎扮するこども店長が、あどけなさを見せながらお客に対して子供らしい例えで接客、解説する。ほのぼのとしたオチが可愛らしく、心を鷲掴みされた視聴者も多い。※週刊ポスト2019年3月8日号
2019.02.28 07:00
週刊ポスト
濱口優のプロデュース力 キスマイ、A.B.C-Z、アッキーナも?
濱口優のプロデュース力 キスマイ、A.B.C-Z、アッキーナも?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回はよゐこの濱口優について。 * * * 1月末、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の収録にやってきた「アッキーナ」こと南明奈の容姿に女性スタッフがザワついた。「結婚に勝る美容液なし」とは、女性誌の美容担当がよく口にする言葉だが、まさにその通り。 交際宣言から4年を経て昨年、よゐこ濱口優と結婚した南明奈には、新妻ならではの色気がただよいまくっていたのである。 和服で正装し、幸せいっぱいの笑顔を浮かべたツーショット画像を公開したり、昨年大晦日にオンエアされた『よゐこの無人島0円生活 本気で使える芸能人助っ人続々登場でナスDにリベンジ!国民栄誉賞受賞!!霊長類最強の女・吉田沙保里フル参戦SP』(テレビ朝日系)にて“無人島0円結婚式”を挙げたりしたことに、ネットは祝福の嵐だった。 そして同『~さんま御殿!!』では、女優や女芸人らと異性や同性への不満や疑問をブチまけるテーマ回だったのだが、アースカラーのメンズライクなパンツスーツに身を包んだアッキーナから出てくるのは、「毎日笑わせてくれる」「とにかく優しい」という夫・濱口の微笑ましいエピソードばかり。普段なら「ホンマかぁ?」「そんなエピソード要りません!」などとツッコむ“主(あるじ)”明石家さんまも、濱口の優しさには降参している様子だった。◇アッキーナの幸せオーラに女性出演から嫉妬なし 濱口とアッキーナが「次に結婚する有名人カップル」として公然の仲となるも、なかなかゴールインしなかった頃、芸能マスコミでは南明奈の評判が下降気味だったものだ。 濱口ネタがあるからこそ多くのイベントゲストに呼ばれていたと思われるも、これと言ったサービストークをするワケでもなく、結婚の予定を問われても「いつかはしたいですね」などとはぐらかしていたアッキーナ。大好きなネイルの勉強に傾倒していく様も見られたことから「ほんとに結婚するの?」「濱口を利用しているの?」「よゐこじゃなくて悪い子だ」などとも言われていた時期がある。そりゃあ事務所の方針や戦略もあっただろうから彼女が本心で“こじらせ”ていたわけではあるまい。だが“見え方”として、あまりよろしくなかったのは事実だ。 果たして、結婚後、初めて『~さんま御殿!!』にやってきた彼女は、心身ともに安定しきっていたのだろう。ひな壇で作り笑いもしなければ、人のエピソードに強引に入ってくることもなく、自分がしゃべる番になってもグイグイくるカンジもないのだけれど、しっかり笑いをもとっていたし、オチもあるトークをしていた。 好きなネイルこそ、主婦とは思えない(!)長さをキープしていたが、髪の色も落ち着いていたし、マットな肌とブラウン系に仕上げたメイクが本当に美しく、その日の出演女性の誰よりも輝いている…と私には思えた。 特筆すべきは、アッキーナが放つ幸せオーラに対し、共演した女性出演者全員から一つも文句や嫉妬の声が上がらなかったことだ。つまり、彼女がとても自然体で、ぶりっこもしていないので、同性としてすんなり受け入れられたのだろう。あるいは「降参」していたのかも。それぐらい、アッキーナは美しかったのである。 男性スタッフもその日のアッキーナにはかなりの好印象を抱いたみたい。後の会議でも今後の出演者として彼女の名前が出ていた。“新妻・アッキーナ”の未来は安泰であるようだ。◇”エビキス”は濱口に「足を向けて寝られない」  交際相手のみならず、タレントや芸人を含め、濱口の優しい言動によって幸せになったり前向きになったりした女性は芸能界には多いものだが、これが後輩男性に対しても同様だというのが彼の素晴らしいところなのである。 特にジャニーズのKis-My-Ft2とA.B.C-Zは、濱口に対して「足を向けて寝られない」と言っている。 キスマイはデビュー直後からテレビ朝日系の深夜帯で『濱キス』というレギュラー番組で濱口と共演していた。 声を張ったり、立ち上がってリアクションしたりする“バラエティーの基本”が全く身についていなかったキスマイに対し、濱口は本番中、何度「バカヤロー」と怒ったことか。もちろんそれもまた“お約束”ではあったのだが、本当になんにもできなかったキスマイの7人。そんなメンバーたちが、多くのバラエティー番組で各々爪痕を残せるようになったのは、10時間超えもザラだったロケに付き合い、ダメ出しを何百発も放ち、それでも“撮れ高ゼロ”でスタッフが「お蔵入り」を決めても尚、彼らに優しく指導をし続けた濱口のお陰と言っていい。 その後、おぎやはぎ、爆笑問題、ダウンタウンの浜田雅功、出川哲朗、そしてサンドウィッチマンと、そうそうたる売れっ子芸人と絡んできたキスマイは、『濱キス』のときに掲げていた「ゴールデン進出」を今春、果たす。サンドウィッチマンを“見届け人”に据えた『10万円でできるかな』である。 進出にあたり、メンバー全員が発表したコメントの中にも「濱口さんに報告したい」というのがあったし、ネットでそのことを知った濱口からも祝福(と思われる)ツイートがあり、『濱キス』時代を知るファンは歓喜したものだ。 そのキスマイには、ジャニーズJr.時代、「エビキス」と呼ばれていた“兄弟グループ”がいる。A.B.C-Zだ。 共にコンサートを行ったり、舞台で主演をしたり、12人で歌うオリジナルソングももっていた。先にキスマイがデビューし、翌年、ジャニーズ初となるDVDデビューを果たしたのがA.B.C-Z。いまも両グループのメンバーは仲が良く、海外旅行に出かけてみたり、それぞれのコンサートや舞台にメンバー全員で駆け付けることも。一度、A.B.C-Zのコンサートのアンコールに件のオリジナルソング『Daybreaker』が選ばれ、客席に居たキスマイがステージに上がって共に歌ったこともあった。ファンが大喜びしたのは言うまでもない。◇濱口プロデュースはA.B.C-Zの主演ドラマに そんなA.B.C-Zは、いま、メ~テレ(名古屋テレビ放送)で“濱口優プロデュース企画”に何度もチャレンジしている。土曜朝の『デルサタ』という生放送内の企画で、当初はメンバーの塚田僚一のみがレギュラー出演していた。 その後、橋本良亮もレギュラーとなり、スタジオ出演をする回もあれば、“はしつか”コンビは東海地方の“ぶらり歩き”するロケも担当。さらに、A.B.C-Zのリリース情報の初出しや、ワンカメ・パフォーマンスを含む新曲の生披露などは全て『デルサタ』から…というのが恒例になりつつあるのだ。 濱口プロデュース企画では、彼が特訓を重ね、ファンにサプライズでA.B.C-Zのコンサートに登場。『Za ABC~5stars~』を6人で完璧に歌い踊った様子は、『デルサタ』ではもちろん、同局の別枠で密着番組としても披露された。 企画内容はさらに進化を遂げ、ついに『ぼくらのショウタイム』なるA.B.C-Zの主演ドラマが出来上がった。4月5日の深夜にオンエアされるだけでなく、4月12日からは「イオンシネマ」全国13劇場で1週間公開されるというから、これは大企画と言える。また、3月24日には、メ~テレのお隣「東別院ホール」でプレミアム試写会が行われるという。『ぼくらのショウタイム』はメ~テレを舞台にした、いわゆるギョーカイドラマで、A.B.C-Zのメンバーは全員、メンバーカラーにちなんだ役名で、カメラマンやAD、警備員などの役に就いている。監督は数々の人気作品の出演者でもあり、『侠飯~おとこめし~』(テレビ東京系)や映画『アリーキャット』などでメガホンをとった榊英雄氏。脚本は、映画『終わった人』やドラマ『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)などヒットを飛ばし続ける根本ノンジ氏という豪華かつ本格派の布陣だ。 さらには、『デルサタ』に「ぜひ塚ちゃんを」とオファー時から尽力し続けてきた総合演出の石川智通氏や編成の服部保彦氏らが企画を上にもジャニーズ事務所にも通せたことには、「濱口優プロデュース」という愛情あふれる後ろ盾があったからに他ならない。 後輩芸人ならともかく、ジャニーズのアイドル二組に対し、深くて大きい優しさで指導し続け、彼らが“バラエティー力”と“ショーアップの術”を身に着けることに尽力した濱口優。 しかも誰よりも愛妻家で自身はいつまでも少年の心を忘れないし、チャーミング。よゐこ濱口優はみんなを幸せにする大した男なのである。 
2019.02.19 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン