芸能

勝新太郎さん 愛妻・中村玉緒さんとの修羅場でも演じ切った役者魂

勝新太郎さんの発言を振り返る(写真/共同通信社)

勝新太郎さんの発言を振り返る(写真/共同通信社)

 時代の実像を探る有力な手がかりが週刊誌。1969年の『週刊ポスト』創刊当初の連載『衝撃の告白』では、銀幕の大スターや渦中の人物が、あんなことやこんなことを赤裸々に語り、人気を博した。1971年3月19日号に登場したのは、天下の名優・勝新太郎。あまりにも赤裸々で“衝撃”の連続だった勝の発言をいま改めて振り返る。

【※本特集では現在の常識では明らかに不適切な表現が引用文中に多々ありますが、当時の世相を反映する資料として原典のまま引用します】

「おれの童貞を奪ったの、だれだと思う? これが、おふくろの友だちなんだな。ある人の二号さんだった」

 6歳から長唄を習っていた勝新太郎は、1954年に大映『花の白虎隊』で俳優デビュー。1960年『不知火検校』の汚れ役で頭角を現わす。2年後、同作で共演した中村玉緒と結婚。以降、『悪名』『座頭市』『兵隊やくざ』はシリーズ化されるほどの人気となった。不動の地位を築いていた勝は、大胆な体験を語り始めた。

 終戦前日、13歳の奥村利夫(本名)は年増女の家に遊びに行った。赤ん坊を寝かせた肉感的な人妻は「さァ、利夫ちゃんもいらっしゃい」と部屋に呼び寄せると、真っ裸にさせた。利夫は成りゆきに任せるだけだった。昭和20年8月15日、日本が悲哀と安堵に明け暮れている頃、少年も異変を感じていた。

「チンの先がはれて、ウミが出るんだね。その人にいったら、三円くれて『お医者さんに行っておいで』といわれた」

 後日、兄の若山富三郎と立ち小便をしていると、自分と同じ症状だと気付いた。

「驚くなよ。兄貴が東京でリン(淋)を仕入れてきてその人にうつし、それをおれがいただいちゃったんだよ。それいらい、女性不信さ」

 これについて、若山が『週刊ポスト』にコメントを残している。

「利夫のヤツ、よくオレが手をつけた女にホレるくせがあって、カチ合うことがしょっちゅうあったよ。同じ血を引く兄弟だから好みが似るのかな。もっともいつもオレの後追いだったがね」

 豪放磊落な勝は結婚前の女性関係にも言及する。「瑳峨三智子のことかい。(中略)あけ方の五時ごろ、二人とも顔をマフラーで隠して旅館に入っていったよ」と思い返すと、取材に同席していた玉緒が「瑳峨さんはお兄さん(若山)ともあったんどすえ」と追随した。

関連キーワード

関連記事

トピックス