• TOP
  • 芸能
  • 千葉真一さん 離婚で辛い時期に心の支えとなった高倉健さんからの手紙

芸能

2021.08.26 07:00  女性セブン

千葉真一さん 離婚で辛い時期に心の支えとなった高倉健さんからの手紙

千葉真一さん(時事通信フォト)

長女・真瀬樹里、野際陽子さんと千葉真一さん。1994年に離婚した(時事通信フォト)

 アクション俳優として日米を股にかけて活躍した千葉真一さんが8月19日に亡くなった(享年82)。千葉さんは自ら俳優として活躍するだけでなく、世界で通用するアクション俳優やスタントマンの育成のため、1970年に「ジャパンアクションクラブ」(JAC)を設立。そこから真田広之(60才)や志穂美悦子(65才)といったアクションスターを輩出したが、私生活ではマスコミを騒がすことも少なくなかった。

 その最たるものが2017年に亡くなった女優・野際陽子さん(享年81)との離婚。JACや映画プロデュースにのめり込み、家にはほとんど帰らず、事業に失敗して数億円規模の借金を抱え、1994年に離婚した際には「三下り半を突きつけられた」と伝えられた。

 2人並んで離婚の記者会見を開き、円満に別れたはずだった。しかし当時は借金問題や家庭を疎かにしていたことが取り沙汰され、千葉さんは“自分勝手”などと世間からバッシングを浴びてしまう。そんな中で彼の心の支えとなったのが“永遠の師匠”と慕っていた高倉健さん(2014年死去・享年83)だった。

 千葉さんは一時期、東映の先輩である健さんの付き人をしていた。千葉さんがアメリカ進出を志すようになったのも、「ハリウッド映画はすごいぞ。やはり一度は勝負しないとダメだ」という健さんからの勧めがあったからだという。生前の千葉さんは健さんとの思い出をこう語っていた。

「寡黙で気難しい人だと思うかもしれませんが、全然そんなことはない。怒っているところも不機嫌なところも一度も見たことがありません。

 人を驚かすのが大好きな人で、サプライズで背広や時計などいろいろなプレゼントをもらいました。なかでも驚いたのはゴールドのブレスレット。我が家の家紋が彫られていたんです。『健さん、なんでうちの家紋がわかったのですか?』と聞いたら、『千葉、俺は日本一のスパイだぞ』って笑っていました。本当に粋でお洒落なかたでしたね」

 健さんからのいちばんの宝物は、野際さんとの離婚後、落ち込む千葉さんの元に届いた一通の「手紙」だった。そこには、健さんからこんなメッセージが綴られていた。

《誰にでも、神から与えられた人生というハードルがある。そのハードルをひとつひとつクリアしてこそ、最後に幸せをつかむことができる。飛び越すことを喜びに変えてしまえば、今の苦しみが苦にならない。しんどかった、でも面白かったね!と、後から話せる、そういう人生を送ろうよ》

 ふさぎ込んでいた千葉さんの心に変化が起きた。

「当時の僕はアメリカ進出を目指し、ひとり部屋にこもって英語を勉強する日々でしたが、離婚問題で批判を受け、心が折れそうになっていた。そんなときに健さんからお手紙をいただき、感激で涙が出ました。いただいたメッセージは何度も読み返したので、そらんじて言えるほど、僕の中で大切な人生訓として刻まれています」(千葉さん)

 千葉さんの人生に大きな影響を及ぼした野際さんと健さん。いま頃、天国で2人と再会して、あの屈託のない笑顔を見せているかもしれない。

※女性セブン2021年9月9日号

関連記事

トピックス