国内

思春期の悠仁さま、荒々しい言動が目立つことも 眞子さま結婚問題も影響か

(時事通信フォト)

高校進学を控えられている(2019年4月、東京・文京区=時事通信フォト)

 9月11日、秋篠宮妃紀子さまが55回目のお誕生日を迎えられ、宮内庁担当記者からの質問に文書で回答される。そこでは国民的な関心事となっている眞子さまの結婚問題にも回答するとみられているが、紀子さまを悩ませる問題がもう1つ。ご長男・悠仁さまの「進学問題」だ。9月6日、悠仁さまは15才の誕生日を迎えられる。お茶の水女子大学附属中学校の3年生となられたいま、注目されるのがその進学先だ。

「高校は女子校となるため、悠仁さまの受験は必須。すでに紀子さまはご進学先の目星を付けられているはずです」(皇室関係者)

 これまで、紀子さまは「将来の天皇」である悠仁さまの教育に腐心されてきた。

「眞子さまのご結婚問題が表面化してから、その熱はますます高まっているそうです。お嬢さま方との距離が生まれた分、悠仁さまへと意識が向かった面もあるでしょう。ですが、反比例するように、悠仁さまとも距離が生まれているようで……」(宮内庁関係者)

 紀子さまは、時に「母子密着」といわれるほど、教育面のみならず身の回りのことにもつきっきりであられたという。しかし、近頃はその関係性に変化が見られるそうだ。

「悠仁さまもお年頃ですから、“母親べったり”ではなくなっているのでしょう。身の回りのことは秋篠宮さまがかかわられる場面も増えているようです。この夏は秋篠宮さまとおふたりで私的に外出されたり、おひとりで皇居に虫捕りに出かけられることもあるようです」(前出・宮内庁関係者)

 姉の結婚問題に揺れ、緊張感の絶えない家から離れるように、悠仁さまは虫捕りに出かけられるのだ。

「眞子さまのご結婚問題が、思春期の悠仁さまに与える影響が心配です。近頃の悠仁さまは、荒々しい言動が目立つと聞きます。紀子さまに対する物言いは顕著なもので、些細な言い間違いにも罵るような口調で指摘されることがあるようです。穏やかだった悠仁さまがそれほどに強烈な反抗をされるようになったのも、ご一家を取り巻く異様な雰囲気が原因に思えてなりません」(別の宮内庁関係者)

 宮家の職員の前で面罵されても、紀子さまは沈黙されるばかりだという。

※女性セブン2021年9月9日号

全身ネイビーでまとめたシンプルなスタイル(2019年)

全身ネイビーでまとめたシンプルなスタイル(2019年)

ご心労が絶えないという(2019年5月、東京・千代田区=Getty Images)

ご心労が絶えないという(2019年5月、東京・千代田区=Getty Images)

米ニューヨークで新婚生活を送られる見込み(2017年9月、東京・港区=共同通信社)

米ニューヨークで新婚生活を送られる見込み(2017年9月、東京・港区=共同通信社)

婚約を進めるのか…

結婚問題はどのように着地するのか(写真/共同通信社)

フォーダム大学での小室さん

フォーダム大学での小室さん

フォーダム大学時代、教授とランチをとる小室さん

フォーダム大学時代、教授とランチをとる小室さん

これで国民が祝福できる状況になるか

佳代さんは目立つオシャレな服装で外出することも(2020年5月)

香淳皇后例祭では姉妹揃ってお出ましされた(6月16日、東京・八王子市)

気品あふれる眞子さまと佳子さま(2020年6月、東京・八王子市。写真/JMPA)

眞子さまと佳子さまとチェキ

チェキで自撮りされる眞子さまと佳子さま(2020年10月6日。東京・港区 写真/宮内庁提供)

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン